神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

選挙と攻撃性|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

社長のひとりごと

選挙と攻撃性

選挙と攻撃性

2009.6月

 衆議院選挙が近いせいでしょうか、テレビに政治家が出演して議論しているのをよく見ます。政治家同士がなにかのテーマで議論して頂くのは結構なのですが、二人、ひどい時は3人が同時に、まさに口角泡を飛ばすがごとくの勢いでしゃべりまくっています。それも、怒ったような表情で攻撃的に相手を非難します。自民党の麻生総理と民主党の鳩山代表の1回目の党首討論も、双方の外野の野次がすごかったですね。政治家が自分の信念を主張することは当然のことですが、自分と考え方が違うというだけで、相手の話も聞かず、一方的にしゃべり続け、しかも非常に攻撃的です。ひょっとしてこの人達は、相手の言っていることを理解するだけの能力に少し欠けているのか、または論理的な思考が出来ないので、ひたすら自分の主張をし続けるのか、と思うことがあります。このような映像を子どもたちが見続けたら、子どもたちはどうなるのかと、とても心配です。国民の代表である国会議員には、もう少し紳士でであってほしいと願うのみです。
 ある日、妻とテレビを見ていましたら、やはりそういう場面が出てきました。
妻はこのような映像を嫌います。私は妻に一般的な質問として、人はどうして人に対して攻撃的になるのかと、尋ねてみました。以下に妻の回答を書きます。
"攻撃的な人というのは自分に自信のない人、そして自己肯定感が低い人がほとんど。
自己肯定感とは、自分はこれでいいんだ、これが私なんだと、自分のあるがままを受け入れる(肯定する)ことをいいます。自分に自信のない人、自己肯定感の低い人は、とても傷つきやすく、相手のほんのわずかな言葉を自分への攻撃ととらえる。人から意見されたり、反論されると、それは自分への攻撃ととらえ、自分の身を守ろうとして攻撃的に発言し、自己防衛する。また極端な例として、そのようなお客様にアドバイスとして「○○○○したほうが良いですよ」と言うと、自分が否定されたととらえる。結果、攻撃的な反論に遭う。"
私は、なぜ自分に自信をもてず、自己肯定感が低い人間になるのか、と重ねて尋ねました。以下が妻の答えです。
"子供の時に親からの愛情が足りなかった。親からいつも批判ばかりされていた。条件付の愛(○○したら○○してあげる。○○が出来たら○○をあげる)しかもらえなかった。これらが原因のひとつ"この答えは私にはショックでした。私も父からよく批判されていましたから。しかし、父には感謝しております(もちろん母にも)。私立高校、私立大学と学資の心配一つせずに行かせてもらったこと、教育の機会を与えてもらったこと、私が43歳になって会社を立ち上げる時にしてもらった資金援助のこと等、十二分な愛を受けたと信じています。しかし妻は専門家の立場から違うことを言います。いずれにしても人は攻撃的でないほうが絶対良いということは間違いないと確信しています。
 司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の一節を最後に書いておきます。
『竜馬は議論しない。議論などは、よほど重大な時でないかぎりしてはならぬといいきかせている。もし議論に勝ったとせよ、相手の名誉を奪うだけのことである。通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は変えぬ生き物だし、負けたあと持つのは負けた恨みだけである』私はこの一説が大好きです。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| コメント (0) | 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 09年06月11日

コメント一覧

コメントする

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年1月 ↓
2017年11月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年6月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年5月 ↓
2016年3月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年9月 ↓
2015年7月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年9月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年2月 ↓
2011年12月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年7月 ↓
2011年5月 ↓
2011年4月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年10月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年6月 ↓
2010年5月 ↓
2010年4月 ↓
2010年3月 ↓
2010年2月 ↓
2010年1月 ↓
2009年12月 ↓
2009年11月 ↓
2009年10月 ↓
2009年9月 ↓
2009年8月 ↓
2009年7月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年4月 ↓
2009年3月 ↓
2009年2月 ↓
2009年1月 ↓
2008年12月 ↓
2008年11月 ↓
2008年10月 ↓
2008年9月 ↓
2008年8月 ↓
2008年7月 ↓
2008年6月 ↓
2008年5月 ↓
2008年3月 ↓
2008年2月 ↓
2008年1月 ↓
2007年9月 ↓
2007年8月 ↓
2007年7月 ↓
2007年6月 ↓
2007年5月 ↓
2007年4月 ↓
2007年3月 ↓
2006年10月 ↓
2006年8月 ↓
2006年7月 ↓
2006年6月 ↓
2006年5月 ↓
2006年4月 ↓
2006年3月 ↓
2006年2月 ↓
2006年1月 ↓