神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

引っ越し|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

社長のひとりごと

引っ越し

~引越し~

2013年 12月


 12月2日、事務所を引越ししました。平成7年7月に西区王塚台で創業し、今年で18年と約半年過ぎたところです。2名で始めた会社も現在22名になり、来年1月にはさらに5名の新卒が入社します。とても収容できません。おまけに外で借りている駐車場が24台、倉庫が2か所と、非常に効率の悪い状態になっていました。不動産仲介から始めて、今ではほとんど工務店です。18年間お世話になった地元のお客様には、大変申し訳ないという気持ちもありましたが、わずか2キロ程北に行ったところで、しかも電話番号は同じ、敷地内に車は詰め込めば約40台駐車できますし、何よりも念願の小さいながらもショールームが出来るというのが決め手になりました。お客様には本当に感謝です。

 実は18年前に会社を興した時から、少しずつでもいいから会社を大きくしていきたいと考えていました。その当時は5年で今くらいの規模にしたいと、何となく思っていましたが、それは実現しませんでした。それは経営者としてあまりに未熟だったからです。いまも未熟ですが、その当時よりは年をくった分と、学びを重ねたことで少しは、ましになった様な気がします。多少ですが、自分のことよりも他人のことを考えられるようにもなりました。でも、この18年で一番変わったことは、はっきりとしています。子供時代から勉強が嫌いで、およそ"学び"というものには縁がなかった私が、経営者になったら、言われなくてもどんどんと、どん欲に学ぶようになったことです。つまり、会社を潰さないためには学ばざるをえなかったのです。ところが、どんどんと学ぶと、学ぶことそれ自体がとても面白く、興味深いものに変わっていくのです。知識欲とでもいうのでしょうか。とにかく知らないことを、もっと知りたい、もっと深めたい、という気持ちが際限なく湧き出てきます。本を読み、講演を聴き、セミナーに行き、DVDを見て、CDを聴く。そして人から教わる。本当に幸せです。

 会社はお金儲けするためにあると、18年前考えていた私が、今は「セレクトホームはお金儲けするために存在しているのではない」と皆の前で堂々と言うようになりました。自分自身が豊かになりたい。だから会社を大きくしたい。そう考えていた私が「この会社は人を育てるためにある。そして地域に貢献しなければならない。そのために人を雇用する。その結果、会社が大きくなる」このように断言し、これが自分の使命である、このために生まれてきた、と信じるようになりました。まだまだ未熟な私ですから、社員と共に学び、共に成長していきたいと考えています。

 ところで、引越しして何が心配かといえば、今までのようにお客様が会社に来ていただけるのか、これが一番の心配です。セレクトホームはお金儲けの為に存在しているわけではありませんが、お客様が来なくなれば、存在できません。

皆さん応援して下さいね!


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| コメント (0) | 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 14年02月04日

コメント一覧

コメントする

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年1月 ↓
2017年11月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年6月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年5月 ↓
2016年3月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年9月 ↓
2015年7月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年9月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年2月 ↓
2011年12月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年7月 ↓
2011年5月 ↓
2011年4月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年10月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年6月 ↓
2010年5月 ↓
2010年4月 ↓
2010年3月 ↓
2010年2月 ↓
2010年1月 ↓
2009年12月 ↓
2009年11月 ↓
2009年10月 ↓
2009年9月 ↓
2009年8月 ↓
2009年7月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年4月 ↓
2009年3月 ↓
2009年2月 ↓
2009年1月 ↓
2008年12月 ↓
2008年11月 ↓
2008年10月 ↓
2008年9月 ↓
2008年8月 ↓
2008年7月 ↓
2008年6月 ↓
2008年5月 ↓
2008年3月 ↓
2008年2月 ↓
2008年1月 ↓
2007年9月 ↓
2007年8月 ↓
2007年7月 ↓
2007年6月 ↓
2007年5月 ↓
2007年4月 ↓
2007年3月 ↓
2006年10月 ↓
2006年8月 ↓
2006年7月 ↓
2006年6月 ↓
2006年5月 ↓
2006年4月 ↓
2006年3月 ↓
2006年2月 ↓
2006年1月 ↓