神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

~花見~|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

社長のひとりごと

~花見~

2019年4月

 今年も明石公園に花見に行きました。お弁当を広げるのはいつも剛ノ池のまわりなのですが、今年はお客様の奨めもあって、櫓(やぐら)のある広場の桜の木の下でシートを広げました。お客様が言われるように剛ノ池の周りよりは人も少なくて落ち着けました。妻は須磨の病院によってから来るとのことなので、私一人でバスに乗って、お弁当を買って、お酒を買って桜の木の下で青い空を眺めながら妻を待っていました。空の高いところには黒い大きな鳥が3~4羽、悠々と羽ばたくこともなく風に乗って飛んでいます。あぁ~鳥っていいなあ、次、生まれ変わることになったら空高く飛ぶ鳥もいいかなあ。あぁ~幸せだなあ、いい気分だなあと思ったとたん飲みたくなりました。リュックの中には家から持ってきた缶ビールが2本あります。1本は妻の分です。私にはワンカップのお酒も別にありましたので、妻の到着を待つこともなく1本飲んでしまいました。朝ごはんを食べたのは6時頃ですから昼の1時過ぎでは、結構空腹になっていたのでしょう。1本の缶ビールでさらに気持ち良くなって少し酔ってしまいました。私の大好きなことのひとつが桜の下で酔って眠ることです。お弁当を食べることなく眠ってしましました。

 妻からの携帯で起こされました。妻「お父さん、何処にいるのよ」私「昨日、ゆうてた櫓の公園におるよ」妻「なんで、そんなとこにおるのよ。階段上がるの大変じゃないの」と不機嫌です。妻は脚が悪く階段は苦手なのです。しかも場所に関して夫婦の認識は一致していなかったようです。妻「わかったわよ。そっちに行くわ」5分ほどして妻が来ました。場所のことで不機嫌なうえ、私が妻の到着も待たずに先にビールを飲んでしまっていたので、これは絶対に怒られるな、と覚悟していました。ところが予想に反して妻はニコニコしていました。病院での検査結果が良かったのが幸いしたみたいでした。それと、私が公園に来る前に明石駅の前で、お坊さんがお経を唱えて托鉢していましたので、合掌して僅かですが喜捨させて頂きました。早速、そのご利益に預かることが出来たみたいです。

妻とお弁当を食べながらワンカップのお酒を飲み干しました。妻は寒いからと言ってビールを残しましたので、それも飲みました。さらにサントリー山崎の小瓶に入れた角瓶を一口飲み、すっかり出来上がってしまいました。さあ寝るぞと横になろうとした瞬間、妻が「お父さん、池の周りを一周してソウトクリーム食べよ」昔の私なら「一人で行ってきて。お父さんは寝るから」と間違いなく言っていたと思います。しかし私も成長しました。「うん、そうしようか」と片付けをしてリュックを背負い妻と剛ノ池を周り、ソウトクリームを買って、屋上庭園で食べました。とりとめのない、どこの夫婦にもあるささやかな一日でした。多くの善男善女が楽しそうにお弁当を食べ、お酒を飲んでいます。皆それぞれ楽しいこと苦しいことを経て今を楽しんでいるのでしょう。桜が大好きで花見をする日本人って本当にいいなと思いました。楽しい一日を過ごすことができ、私は幸せ者です。有難いことです。明日からお酒を少し減らし、頑張って生きていきます。応援して下さいね。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 19年04月22日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年1月 ↓
2017年11月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年6月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年5月 ↓
2016年3月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年9月 ↓
2015年7月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年9月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年2月 ↓
2011年12月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年7月 ↓
2011年5月 ↓
2011年4月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年10月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年6月 ↓
2010年5月 ↓
2010年4月 ↓
2010年3月 ↓
2010年2月 ↓
2010年1月 ↓
2009年12月 ↓
2009年11月 ↓
2009年10月 ↓
2009年9月 ↓
2009年8月 ↓
2009年7月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年4月 ↓
2009年3月 ↓
2009年2月 ↓
2009年1月 ↓
2008年12月 ↓
2008年11月 ↓
2008年10月 ↓
2008年9月 ↓
2008年8月 ↓
2008年7月 ↓
2008年6月 ↓
2008年5月 ↓
2008年3月 ↓
2008年2月 ↓
2008年1月 ↓
2007年9月 ↓
2007年8月 ↓
2007年7月 ↓
2007年6月 ↓
2007年5月 ↓
2007年4月 ↓
2007年3月 ↓
2006年10月 ↓
2006年8月 ↓
2006年7月 ↓
2006年6月 ↓
2006年5月 ↓
2006年4月 ↓
2006年3月 ↓
2006年2月 ↓
2006年1月 ↓