神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

ローソク|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

社長のひとりごと

ローソク

2018年9月

今年は本当に災害が多いですね。6月に大阪北部で震度6弱の地震、7月に広島、岡山、愛媛の豪雨、8月は台風20号、9月は台風21号に続いて北海道で震度7の大地震。まったく立て続けにこんな災害がやってくるのは初めての経験です。多くの人が命を落とされました。また被災された数多くの人が今も苦しんでおられます。私には何もして差し上げることが出来なので、せめて直接関係なくても節電しようと思い立ち、9月6日の夜から夕食の後は照明を全部消して、ローソクをいっとき灯すことにしました。幸いなことに我家には、娘たちが子供の時に買い集めた赤や青や黄色の形も様々な、いかにも女の子が好みそうなかわいらしいローソクがたくさんあります。テーブルに三本も灯せば、最初は暗く感じても、段々と目も慣れてきて、妻と二人ですが何となくロマンチックな気分になります。

妻「娘たちが小さい時は、よくローソクを点けてたわよ。大喜びしていたわ」

私「そうやったかなぁ~ 覚えてないなぁ」

妻「そりゃぁ覚えてるわけないじゃないの」

私「なんでよ?」

妻「だって、返ってくるのが毎日10時11時、ひどい時は午前様だったじゃないの。子供たちはとっくに寝ていたわ」

私「・・・・・・・・・・・・」

外飲みもありましたが、30歳代から40歳代は本当に遅くまでよく働きました。休日に仕事する日もありましたし、ゴルフに行っていたこともありました。平成7年1月17日の大震災の時のことは今でも妻に言われます。地震の当日、近所の人はみんな水を求めて必死に動き回っていたそうですが、私はというと家の水も電気もガスも止まっている中、前職の会社に出社し、担当していた建築現場を見て回っていました。こんな時でも、家族のことよりも仕事を優先すのね、と妻に責められました。その当時はなぜ責められなければならないのかと憤慨していた記憶があります。家族のことを思わない日は一日もありません。でも結果的には、家族との時間をあまり取れなかったことも事実です。いや取れなかったのではなく、取らなかったというのが真実かもしれません。今、振り返ってみれば、およそマイホームパパとは縁遠い男であったかと思います。妻や娘たちには、本当に申し訳ないことをしました。今はそう反省しています。

私「そうやったね。お母さん(妻のこと)と娘たちには悪いことしたね。ごめんなさい」

 ローソクのゆらめく灯りが30年前のことを思いださせ、きらめく清らかな炎が私を素直にさせました。外は雨が深々と降っています。ゆらめくローソクの炎に照らしだされる妻の横顔が美しく輝いて見えました。

私「お母さん、10月になったら春に行けなかった琵琶湖の一泊旅行、もういっぺん申込しようと思うけど・・・」  

妻「いいわね!長いこと旅行、行ってないもんね。今度こそ仕事入れないでよ」

私「大丈夫、約束するよ」   ローソクはゆったりと明々と燃えていました。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 18年09月24日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年1月 ↓
2017年11月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年6月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年5月 ↓
2016年3月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年9月 ↓
2015年7月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年9月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年2月 ↓
2011年12月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年7月 ↓
2011年5月 ↓
2011年4月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年10月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年6月 ↓
2010年5月 ↓
2010年4月 ↓
2010年3月 ↓
2010年2月 ↓
2010年1月 ↓
2009年12月 ↓
2009年11月 ↓
2009年10月 ↓
2009年9月 ↓
2009年8月 ↓
2009年7月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年4月 ↓
2009年3月 ↓
2009年2月 ↓
2009年1月 ↓
2008年12月 ↓
2008年11月 ↓
2008年10月 ↓
2008年9月 ↓
2008年8月 ↓
2008年7月 ↓
2008年6月 ↓
2008年5月 ↓
2008年3月 ↓
2008年2月 ↓
2008年1月 ↓
2007年9月 ↓
2007年8月 ↓
2007年7月 ↓
2007年6月 ↓
2007年5月 ↓
2007年4月 ↓
2007年3月 ↓
2006年10月 ↓
2006年8月 ↓
2006年7月 ↓
2006年6月 ↓
2006年5月 ↓
2006年4月 ↓
2006年3月 ↓
2006年2月 ↓
2006年1月 ↓