神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

「幸福な王子」|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

社長のひとりごと

「幸福な王子」

2009.12月


 
 日曜日の出勤途中はいつも午前7:45からの「聖書と福音」というラジオ番組を聴いています。私はクリスチャンではありませんが、4,5年前からこの放送を聴くようになりました。
12月13日の放送ではオスカー・ワイルドの童話「幸福な王子」の物語を話されていました。皆さんも子供の時に絵本などで読まれたことがあると思います。以下にウィキペディア(ネット上の百科事典)よりそのあらすじをそのまま転載しておきます。
『ある街の柱の上に幸福な王子の像が立っていた。両目には青いサファイア、腰の剣には真っ赤なルビーが輝き、身体は金箔に包まれていて、心臓は鉛で作られていた。とても美しい王子は街の人々の自慢だった。渡り鳥であるが故にエジプトに旅に出ようとしていたツバメが寝床を探し、王子の像の足元で寝ようとすると突然上から大粒の涙が降ってくる。王子はこの場所から見える不幸な人々に、自分の宝石を上げてきて欲しいとツバメに頼む。ツバメは言われたとおりルビーを病気の子供がいる貧しい母親に、サファイアを飢えた若い劇作家とマッチ売りの少女に持っていく。ツバメは街を飛び、両目をなくした目の見えなくなった王子に色々な話を聞かせる。王子はツバメの話を聞き、まだたくさんの不幸な人々に自分の体の金箔を剥がし分け与えて欲しいと頼む。-----------------やがて冬が訪れ、王子はみすぼらしい姿になり、南の国へ渡り損ねたツバメも弱っていく。死を悟ったツバメは最後の力を振り絞って飛び上がり王子にキスをして足元で力尽きる。その瞬間、王子の鉛の心臓は音を立てて二つに割れてしまった。みすぼらしい姿になった王子の像は心無い人々によって柱から取り外され、溶鉱炉で溶かされたが鉛の心臓だけは溶けず、ツバメと一緒にゴミ溜めに捨てられた。---------------時を同じく天国では、下界の様子を見ていた神様が天使に「この街で最も尊きものを二つ持ってきなさい」と命じ、天使はゴミ溜めに捨てられた王子の鉛の心臓と死んだツバメを持ってくる。神様は天使を褒め、そして王子とツバメは楽園で永遠に幸福になった。』
私も話しを聴いている間に子どもの時に見た絵本の一ページを思い出しました。番組では伝道師(牧師さんかも)の方がキリスト教的な立場からか、この王子のことを全人類の罪を一身に背負って十字架に架かったイエス・キリストに見立てて、その自己犠牲を讃えておられました。また多くの人は、人のために命を投げ出すような行為を見たり聞いたりすると、思わず涙するものである。それは神様が人間をそのように創られたからであるとも話されていました。ビジネスの世界に身を置く私にとって、キリスト教の幸福とか愛とか自己犠牲とかを学ぶこと聞くことは、生きていく上でこの上もなく救いになります。それで、この番組を聴くようになったのですが、クリスチャンではないだけに、どうしても理解できない部分があります。
幸福や愛の定義は難しく誰か著名人の言葉か文字を借りなければ、自分の力では表現できません。ですからこの講ではそのことを論じるつもりはありません。ただラジオの伝道師さんは王子をキリストとイコールのように言われていました。このように言われてしまうと私のような凡人には王子が何か遠い偉大な存在になってしまいます。私は人は誰でも幸福の王子になれると信じたいのです。王子に近づきたい、王子のようになりたいと願い、少しずつでも実践する人はすべて幸福の王子であると信じたいのです。人は誰でも幸福の王子になれるし又そのように神様は創られたと思います。"人間は愛そのもので、愛を実践するためこの世に生まれてきたのです。"(飯田先生の教えより)でもなぜか人はなかなかこれが出来ません。私を含めほとんどの人は、まず自分が----------という思いが勝ってしまいがちです。毎日が反省と後悔の日々ですが、いつの日にか生きていくことと、仕事することと、愛の実践がイコールになる日を夢見て学び、少しずつ実践していきます。皆さんも応援してくださいね。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| コメント (0) | 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 09年12月15日

コメント一覧

コメントする

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年10月 ↓
2019年8月 ↓
2019年7月 ↓
2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年1月 ↓
2017年11月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年6月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年5月 ↓
2016年3月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年9月 ↓
2015年7月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年9月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年2月 ↓
2011年12月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年7月 ↓
2011年5月 ↓
2011年4月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年10月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年6月 ↓
2010年5月 ↓
2010年4月 ↓
2010年3月 ↓
2010年2月 ↓
2010年1月 ↓
2009年12月 ↓
2009年11月 ↓
2009年10月 ↓
2009年9月 ↓
2009年8月 ↓
2009年7月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年4月 ↓
2009年3月 ↓
2009年2月 ↓
2009年1月 ↓
2008年12月 ↓
2008年11月 ↓
2008年10月 ↓
2008年9月 ↓
2008年8月 ↓
2008年7月 ↓
2008年6月 ↓
2008年5月 ↓
2008年3月 ↓
2008年2月 ↓
2008年1月 ↓
2007年9月 ↓
2007年8月 ↓
2007年7月 ↓
2007年6月 ↓
2007年5月 ↓
2007年4月 ↓
2007年3月 ↓
2006年10月 ↓
2006年8月 ↓
2006年7月 ↓
2006年6月 ↓
2006年5月 ↓
2006年4月 ↓
2006年3月 ↓
2006年2月 ↓
2006年1月 ↓