神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

社員ブログ|明石市で兵庫県産木を使った木の家を建てるならセレクトホームへ

instagramFACEBOOK

社員ブログ

習得中。

みなさま、いつもお世話になっております。

家づくりサポーターのよしだです。

最近、3DCADの操作の練習をしています。

いつも使用している汎用CADとは違い

操作方法がまったく異なり、

設定やらいろいろと複雑(?)なので

かなり苦戦しております。

立面図などの自動作図があったり、

使いこなせると、かなり便利なのだろうな

と思いながら、挑戦しております。

長年、汎用CADを使用してきたのもあるのですが、

1本1本、線をひいているほうが向いているように思います。

習得には、長い時間がかかりそうです。

20190322.jpg

| 19年03月22日

春一番

皆様衣替えの季節となり、過ごしやすい日がやって来ましたが、如何お過ごしでしょうか。

さて今回は【春一番】に関しての蘊蓄・・・

春一番とは、長い冬が終わり,春の到来を告げて初めて吹く強い南風の事(気象庁の定義では立春(24日)から春分(321日)までの間で、日本海で低気圧が発達し、初めて南寄りの強風(秒速8m以上)が吹き、気温が上昇する現象を云う)で、言葉だけでは何となく優しいそよ風が吹くイメージですが、漁師間では【春一】などと呼ばれ最も警戒が必要な風が吹く時期と言われています。

船や空の便にも大きな乱れが出る時期でもあります。

公共交通機関でのお出かけの際は、遅延等の情報を確認したうえでご利用になられるのが良策です。

春一番お家フェア真只中、是非一度お立ち寄りください。

お家づくりサポーター 小林

| 19年03月22日

玄関インテリア

山口です。

もう春の日差しとなっておりますが、まだまだ肌寒いですね。

それと、花粉症の方は大変な時期ですよね。。。"(-""-)"

私も花粉症なので、毎日マスクが外せません。。。春が来るのは嬉しいですが、

この時期はとっとと通り過ぎて欲しいというのが本音でしょうか。。。(*_*;

さてさて、4月に入りますと家庭訪問など何かとお客様の多い春です。

玄関はお家の顔とも言われておりますので目がいきやすい下駄箱の上はいつも綺麗にしておきたいですね。(^^♪

玄関を素敵に飾ってみましょう。。。

 ★色で季節感をだしてみる★

  色目を統一するとすっきりしますよ

  春はピンクや黄色。夏は青や白。秋は茶色ややまぶき色。冬はシルバーなど・・・

 ★テイストを揃える★

  ごちゃごちゃしているとバラバラな感じになりますのでテーマやテイストを決めてディスプレィすると良いですね

 ★お花を飾る★

  季節ごとのお花を飾るのも季節感が有りとても清潔感が有り気持ちが上がりますね。

毎日忙しいとは思いますが、ぜひ気分転換にやってみて下さいね。。。(^^♪(^^♪(^^♪

| 19年03月18日

外断熱工法完成見学会

こんにちは、家づくりサポーターの平田です。3月9日(土)・10日(日)、垂水区南多聞台にて外断熱工法の新築見学会を予定しております。若いご夫婦の想いが詰まったかっこいい家、リビング続きのウッドデッキでBBQ、屋根二重工法の外断熱で全館空調です。是非見に来てください。模型.JPG

| 19年03月05日

デザイナーズ住宅

日増しに暖かくなり春の訪れを感じます。

朝、起きて日差しが明るいとウキウキしてきますね。

こんにちは、家づくりサポーターの渡辺です。

さて、今週末の見学会のお家は真っ黒なデザイナーズ住宅です。

正面から見ると細い窓が一つ、ちょっとドキっとしますね。

お施主様にお伺いしますと本当は窓をなくしたかったのだそうです。

なぜかというとどきっとして、中に入る時わくわくするような家にしたかったのだそうです。

最初は意味がわかりませんでしたが、足場が外れて家が姿を現しますと納得・・・

不思議な魅力なある家に仕上がりました。

この土日、お時間ございましたら、ぜひ覘いてみてください。

s__M4A3029.jpgのサムネイル画像

| 19年03月04日

施工事例はこちら

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年12月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年5月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年8月 ↓
2009年9月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年3月 ↓