神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

社員ブログ|明石市で兵庫県産木を使った木の家を建てるならセレクトホームへ

instagramFACEBOOK

社員ブログ

住宅ローンの準備

植松です。

暑すぎる毎日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はお盆に名古屋へ帰省してまいりましたが・・・・

名古屋は・・・やはり・・・かなり・・・暑かったです(;´Д`)

さて、今回はお家を建てる準備として住宅ローンのお話をさせて頂きます。

住宅ローンには事前審査という準備がございます。

「事前審査」は、住宅ローンに正式に申し込む前に、返済能力などを最小限の情報から短期間に判断する審査です。

お家を建てる前に住宅ローンが借りられるかどうか。また、いくらまでなら借りられるのか。を確認することができます。

お家を建てるために土地を探されている方、建て替えを考えられている方・・・いろいろだと思いますが

資金計画があってのお家づくりです。

セレクトホームではお家づくりのご相談はもちろん、資金計画のご相談もさせていただきます(^^♪

お家づくりの準備として【事前審査】されてはいかがでしょうか?

| 19年08月17日

結露

こんにちは 家づくりサポーターの渡辺です。

セレクトホームが外断熱に取り組んで20年近くになります。結露.jpgそのころ初めて壁の中が結露するという事実を知りました。

ある一定の水蒸気を含んだ空気が冷やされると必ず液体になりそれが結露だということを勉強しました。

それから私たちの生活の中で身近に結露がいくらでも起こっていることに気づきました。例えば今の時期、冷蔵庫から出したペットボトルはすぐに表面がビショビショになりますね。これは暑い空気がペットボトル付近で冷やされて結露を起こしているからなんです。

私たちの一番身近なスマホなどにも必ず防露対策はされているそうです。

雨も一種の結露ではないでしょうか?地上の暖かい湿った空気が上空で冷やされて水滴になり落ちてくる・・・。

最近はこのような自然現象にも神秘性すら感じるようになりました。

特にビショビショになったペットボトルを持つたびにそのことを思い出します。

そしてこの結露を防ぐには空気の温度を冷やさないという方法しかない。そのために私たちは外断熱の家に取り組んでいます。

興味のある方はお問い合わせ下さい。

32159230-結露水ペットボトル[1].jpg

| 19年08月06日

レトロな夏

山口です。

皆さま本格的な夏がやってきましたね。

先日小野のひまわりの丘公園でひまわり見てきました。

一面黄色がとっても綺麗でしたよ。。。

さて、暑い日は一日クーラーの中。

そんな生活が当たり前になっていると思いますが、

古き良き時代の夏を体験してみてはいかがでしょうか。。。

 ★風鈴(昔ながらの丸あるい金魚柄の・・・)

 ★扇風機(4枚羽の黒色の扇風機、薄いグリーンの扇風機などなど。

 ★蚊取り線香(豚柄の蚊取り線香)

とっても懐かしい気分になれますね。

インテリアの一部としてもとても癒されそうです。

扇風機-fan.png

| 19年07月20日

見せ梁 塗装

こんにちは、工務部の松本です。

梅雨もそろそろ終わり、暑い夏がやってきそうです(^^)/

ビールの飲みすぎには気をつけてくださいね( `―´)ノ

見せ梁の塗装をしました!!

IMG_6396.jpg


木目もきれいにでていい感じになっています。

IMG_6397.jpg

今回使った塗料は自然塗料の春風です!!

IMG_6398.jpg

壁は自然石を貼っています。

IMG_6399.jpg


まだ途中ですので見に来れる方は見学会で見てください(^^)/

| 19年07月15日

桧の無垢材(芯持材)

こんにちは、家づくりサポーターの平田です。弊社では毎月完成見学会を開催しており、いつもお施主様の御厚意でお引渡し前にお家をお借りしております。7月は西区で羊毛断熱のお家でした。8月は10日・11日と明石市で外断熱工法のお家です。断熱工法は違いますが、いずれも兵庫県で育った桧を柱に使用しております。県産木を使用する理由は、地元で育った木材が一番その土地の気候に適している事と、地域環境保全にもつながり、住宅ローンも木造住宅ローンが利用できます。木造住宅ローンはかなり有利なローンですので見学会にお越しの際にスタッフにたずねてみてください。県産木融資.JPG

| 19年07月05日

施工事例はこちら

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年8月 ↓
2019年7月 ↓
2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年12月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年5月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年8月 ↓
2009年9月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年3月 ↓