神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

2016年08月|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

2016年08月アーカイブ

~真剣に生きる~2016年08月15日

2016年8月

2年前の2014年6月のこの講でアドラー心理学の「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)を少しだけ記しました。今もう既に135万部も売れたそうです。皆さんの中にも読まれた方は大勢いらっしゃるのではと思います。そしてなぜか、もう一度読んでみました。皆さんも経験があると思いますが、一度読んだ本を数年後、あるいは数十年後に読み返してみると、その当時の感じ方と今とでは大きく違うこと、また分からなかったこと理解しにくかったことが、スッと腑に落ち理解できたということがあると思います。今回もそうでした。少し成長できたのかもしれませんね。この本はアドラーの思想を、青年と哲人の対話形式のなかに落とし込んでいく手法で、理解し易くしてくれています。人の行動や環境を原因論ではなく、目的論で捉え、人間の悩みは全て「対人関係の悩み」と断定しています。これらのことは私も大いに納得したのですが、一部納得できなかった部分がありました。それは「一般的な人生の意味はない」という言葉でした。当時も今もですが私は飯田先生から学んだ生まれ変わり論者です。そして「全てのことには意味がある」と信じていました。ところが2年前、緑内障になったことをきっかけに、仏教を少しずつですが学んできました。そしてその教えの中に、宇宙の真理すべてを人間が知ることはできない、というのがあります。全くそのとおりと思います。そうであれば「全てのことに意味がある」ということが仮に真理であったとしても、その全ての意味がなんであるかは分からない、というのが真実ではなかろうか、と思うようになってきました。全ての出来事の意味が分からないのであれば、人生に意味はない、ということを頭から真っ向否定することは出来ないという結論に達しました。哲人は言っています「たとえば戦禍や天災のように、我々の住む世界には理不尽な出来事が隣り合わせで存在しています。戦禍に巻き込まれて命を落とした子供たちを前に、「人生の意味」など語れるはずもありません。つまり人生には一般論として語れるような意味は存在しないのです。・・・」しかし続けてこうも言っています「・・・人生一般には意味などない。しかし、あなたはその人生に意味を与えることが出来る。あなたの人生に意味を与えられるのは、他ならぬあなただけなのだ」どうやらこれが人生の意味に対する結論のようです。

アドラーは「人生とは連続する刹那である」とし、人生は過去、現在、未来という線で結ばれた物語ではないと断言します。そして過去など関係ない、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。今を真剣に生きることこそが最も重要で、そのことで人生は常に完結していると説きます。20歳で終わった生も、90歳で終えた生も、いずれも完結した生であり、幸福なる生である。そしてさらに「人生における最大の嘘、それは「いま、ここ」を真剣に生きないことです。過去を見て、未来を見て、人生全体にうすらぼんやりとした光を当てて、何か見えたつもりになることです。・・・」辛辣な言葉ですが目から鱗です。私は自分なりに人生を真剣に生きてきたつもりですが、哲人が言うように、人生全体にうすらぼんやりとした光を当てて、何か見えたつもりになっていたように思います。今こそ「いま、ここ」を真剣に生き、自分の人生に意味を与える最後のチャンスが来ている。未来など考える必要はありません。「いま、ここ」を精一杯、真剣に生きる。それだけです。

~救いは行動にあり~2016年08月15日

2016年7月

 私事で恐縮ですが、妻はここ数年、めまいと耳鳴りに苦しんでいます。そもそも40歳代の始めからリウマチを患っていますから、正に弱り目にたたり目です。その上、コレステロール、中性脂肪までが正常値を超えてしまい、薬漬けの生活を続けなければならないことになってしまいました。そして今度は、その薬の副作用なのでしょうか、横紋筋融解症という恐ろしい病気の疑いまでもが出てきました。今年の始め、妻は最悪の状態でした。リウマチで手首、足首が腫れて痛み、めまいと耳鳴りで夜もまともに眠れず、横紋筋融解症の症状なのでしょう、異常なほど背中がだるく、起きているのがやっとという体でした。こんな状態がこれからも、ずっと続くのかと夫婦して不安な日々を過ごして参りました。それでも、月に7日ほどの仕事には通っていますから、我が妻ながら本当に偉いと感心しています。

 その妻がテレビで見たと言って、3月の中ごろから、細かくきざんだ生姜の酢漬けをご飯やおかずにかけて食べるようになりました。血流を良くする、いわゆる民間療法というやつです。それと同時に、今までくさいと言って食べなかった納豆を食べるようになり、反対に大好きな卵を一切食べなくなりました。しかも何を思ったのか、思い切ったことに、その時めまいと高コレステロールの薬を絶ってしまったのです。私は心配しましたが、言い出したら聞かない妻ですから、じっと見守るだけの日々でした。そして3か月が過ぎた6月中ごろ、妻が「お父さん(私のこと)なんだか最近、めまいがしなくなってきたわ。耳鳴りも少しましになってきたみたい」と。背中のだるさは、僅かしか改善されてないようなので、相変わらずほぼ毎日、私がマッサージをしています。だれに教わったわけでもない素人のマッサージですが、それでもその最中、妻は「すごく気持ちがいいわ」と言ってくれますので、大いに遣り甲斐があります。7月に入ると、何年も苦しんでいた、めまい、耳鳴りがほぼ改善されたようです。さらに悪玉コレステロール値が25%、中性脂肪値に至ってはなんと45%も下がり、ただ驚くばかりです。テレビでやっていた食事による民間療法ですが、これほどの結果が出るとは今でも信じられないほどです。本当に有難いことです。でも少しだけ疑問がありました。普段あまりテレビを見ない妻です。しかもその手の(健康回復番組)テレビの言っていることなど、ほとんど意に介さなかった妻がどうして、酢生姜療法に取り組んだのか。妻に聞きました「お母さん(妻のこと)なんでテレビの言ってること、やる気になったの」妻「ピンと来たからよ」 最近、薬や医者や手術に頼るなという類の書籍が結構出ていますが、こと我が家に関して言えば今回のことは、まさに的中したことになりました。現在、妻はリウマチ、私は前立腺と緑内障の薬を使い続けていますが、何かの機会にピンとくるものがあれば、是非、私も挑戦してみようと思っています。

 人生は苦の連続です。だから現状には誰しも必ず不満があります。しかしどれだけ不満を口にし、愚痴や泣き言を言い続けていても、絶対に良くなることはありません。たとえどんなに不安でも、まず一歩を踏み出すこと。そこに案外、救いがあるのではないでしょうか。

  “救いは行動にあり”坂村真民先生の言葉        感謝合掌