神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

2008年08月|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

2008年08月アーカイブ

旅日記 斎2008年08月11日

旅日記 斎

2008.8月

 お盆休みに久々に妻の実家に行ってきました。妻は毎夏里帰りしていますが私が行ったのは15年ぶりくらいかと思います。住所は呉市となっていますが何しろ交通不便で、瀬戸内海のほぼ真ん中にある周囲4km、人口18人の島です。もちろんもコンビニも診療所も橋も車もありません。電気も妻が中学の時に送電されたそうで、それまではランプで生活していたと聞いています。都会で暮らす人間にはまさに絶海の孤島といった感がしないでもありません。西区の我が家を午前5時半に出発して新幹線とバスと船を乗り継いで、島に着いたのは午後3時でした。
 浮き桟橋の船着場に着くと、義父母が迎えに来てくれていました。83歳の義父はほぼ毎年我が家にやって来ますが、78歳の義母とは3年ぶりの再会です。義母は長年のミカン農家の主としての労働が災いしてか4~5年前から脚を悪くされ手押し車を使っています。さらにこの1年前ほどより味覚障害も患われ体重がなんと37キロまで落ちているとのことでした。私は両親とも亡くなっていますので島の義父母のことがとても気懸りです。この秋には義父母と高野山と龍神温泉に行く計画をしておりますが、義母の体調が心配で不敬な言い方ですがお見舞いを兼ねての旅行を妻に申し出た次第です。幸いにも心配していたほどの衰えはなく、車椅子を用意すればなんとか旅行は出来そうなかなという感じです。まずは一安心です。
 それにしても15年ぶりの島はますます過疎が進んでしまったと思わざるを得ませんでした。初めてこの島を訪れたのは結婚前の30歳(26年前)のときでした。やはり、お盆休みに訪れたのですがまだ小学校があり、わずかですが生徒も3人ほどいたように記憶しています。また盆踊りの夜には帰省した人々などで人が増え、海沿いの太鼓を載せたやぐらのまわりには40~50人の人々が踊っていたことを想い出します。26年という年月は都会は都会でいろんな形に大きく変化しましたが、いなかは過疎に拍車がかかるという現象で、やがて人情あふれるこの美しい島もいつの日か無人島になるのでと危惧しています。
ところが、それとは反対にこの過疎の島に憧れて外から移住してくる家族もあります。Hさん夫婦(50歳代)は東京に住んでいたそうですが、7年ほど前に、縁もゆかりもないこの島に移住し現在も生活しておられます。取材に来られた地元のテレビにも2、3度出たことがあります。私もそのビデオを見ております。テレビの中のHさんはいつもギターを片手に島の人々に歌を聴かせていました。妻と夕方、散歩していますと家の中からギターのつまびきが聞こえます。「お母さん、(妻のこと)あの家がHさんの家?」妻「そうよ------」もの悲しげなギターの響きは夕暮れのセミの声と相まって、この島が向かっていく未来をやさしく暗示しているようにも聴こえました。

| コメント (0)