神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

黒いスチールとオークの床の組み合わせが新鮮<b>「クロムクの家」</b>完成見学会|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

イベント・見学会情報

黒いスチールとオークの床の組み合わせが新鮮「クロムクの家」完成見学会*終了しました

日時 8月10日(土)11日(日) 10時~17時
場所 明石市大久保町高丘
黒いスチールとオークの床の組み合わせが新鮮「クロムクの家」完成見学会

チェックポイント

1.「無垢の木の空間を引き締める黒いスチールの手すり!」
 階段と大きな吹抜けの手すりに黒いスチールを採用しました。
 節が少なく木目が美しいオークの床と相性抜群です。

2.「帰ったらすぐにスーツからルームウェアに着替えたいね」
 シューズクロークから直行のファミリークロゼットでルームウェアに着替えて気持ちを切り替え…。
 シューズクローク→ファミリークローゼット→洗面→リビングの動線にご注目ください。

3.「お料理しながら洗濯したりお風呂掃除…小さなお子様のママは忙しい!」
 風呂、洗面、パントリー、キッチン…ママの回遊動線にご注目ください。

4.「5.3帖大の大きな吹抜けを通して2階の子供たちとお話しできたらいいね」
 家族の気配を感じたいから大きな吹抜けを設けました。
 吹抜けのエアコン1台で1・2階とも冷やしちゃいます。

5.「吹抜け横の2階ホールは子供リビングです」
 子供が大きくなってお友達を呼んで遊ぶための空間です。

6.「凹凸のある石に落とす照明の影がパパの1日の疲れを癒す…」
 テレビ裏に素朴だけど重厚感のある天然石を貼りました。
 お休みの前のひととき、パパの癒しの空間です。

7.「家族みんなで並んで歯磨きできたらいいね」
 洗面化粧台のカウンターの幅は1m20cmあります。
 着替えをする脱衣所とは分けて仕切りを設けました。

8.「階段下にルンバ基地を…」
 階段下のデッドスペースも見逃さない!注文住宅だからこそ…

9.「1階の屋根裏を使ってウォークインクローゼットに」
 デッドスペースをくまなく利用した外断熱の家をご覧ください。

黒いスチールとオークの床の組み合わせが新鮮「クロムクの家」完成見学会 黒いスチールとオークの床の組み合わせが新鮮「クロムクの家」完成見学会

お施主様にインタビューしました

家づくりのきっかけ 動機

会社の家賃補助があと数年でなくなることになり家探しを始めました。たまたま希望の場所で古家付きの土地が見つかったんですが、その時は転勤の可能性があったので、しばらく古家に住もうということになったんです。それから辞令が出たのですが、通勤可能地域だったのでいよいよ建替えようということになりました。

家づくりへの思い

家づくりを始めるに当たって「良い家とは何か」を考えた時に、家の性能にこだわりたいと思ったんです。また動線を重視して家族が集まり、一緒に過ごしやすい家にしたいと思いました。

会社選び

まずは住宅展示場に入っているような大手ハウスメーカーを廻ったんですね。でも性能を売りにしているメーカーは値段が高すぎる感じがしたし、ローコスト系のメーカーはあまり魅力を感じませんでした。性能が良くて、高くない家を建てるにはどうしたらいいか調べたところ地元工務店にたどり着きました。また性能の勉強をしていくうちに「外断熱」という工法に出会い、それを扱っている会社を廻るようになったんです。

なぜセレクトホームを選んだか

基礎一体打ちや、外断熱など家の性能を重視しながら、価格も抑えられていたところに好感が持てたんでお願いすることにしました。また、契約前に何度も間取りの作成や修正をお願いしましたが、毎回に熱心に提案してくれて、誠実に対応してくれたことも決め手でしたね。

家づくりが始まってからの感想

妻が家事がしやすく、効率のよく外出の準備ができる家にしたいと動線にはこだわりました。今の土地の形で思っている間取りにするのは難しかったです。また間取りが決まってからも、外壁や壁紙、扉などすべてを決めていくのは楽しいけど大変だねと感じましたね。家づくりが始まってから思いがけず2人目の子供を授かることになりました。ちょうど家が出来上がるころに生まれてくることになります。家族4人で希望通り幸せな家庭を築きたいと思います。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 19年07月25日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年11月 ↓
2019年10月 ↓
2019年9月 ↓
2019年8月 ↓
2019年7月 ↓
2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年11月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年6月 ↓
2011年5月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2011年1月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年9月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年4月 ↓
2009年12月 ↓
2008年6月 ↓