神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

明石海峡を望む<b>屋上庭園</b>のある家 完成見学会|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

イベント・見学会情報

明石海峡を望む屋上庭園のある家 完成見学会

日時 6月1日(土)2日(日) 10時~17時
場所 明石市東人丸町
明石海峡を望む屋上庭園のある家 完成見学会
イベント申し込みはこちらから

いずれは妻に母国のロシアのように
広々とした田舎でのんびり暮らしたいと
思っていました。
しかし子供の誕生とともに
通学のことを考え、学校のそばの
実家の建て替えを決意しました。
土地は広くないけれど
お庭代わりの屋上庭園からは
明石海峡や天文科学館が望めます。
狭いながらもムダのない
要望の叶った家になりました。
よろしければ一度・・・

チェックポイント

1.「淡路島をながめながらおうちキャンプがしたいよね。」
広いお庭は取れなかったけど、景色のいいルーフバルコニーはお庭代わりです。
ルーフバルコニーだと人目が気にならないよね。

2.「白い無難な壁ばかりじゃ面白くない!」
ブルーの壁にレンガ調のアクセントがキレイ!
色をたくさん使ってもセンス良く自然なんです。

3.「洗面、トイレは一体型外国風!」
洗面・トイレ一体型はそう不便ではないし、ホテルみたいに広々して快適。
廊下やドアが省略できて省スペースで経済的です。

4.「カーテンはレールを見せずに天井から床までがロシア風!」
折上天井でカーテンレールを隠すのがロシアでは普通でした。

5.「市松模様玄関ポーチが個性的ね!」
外壁とお揃いのカラーコンビネーションの市松模様がステキ!
個性的だけどセンスが光る!

6.「わんぱく坊やはゴールドがお好き!」
子供部屋は大好きなウルトラマンカラーゴールドで戦闘態勢!

7.「狭くても妥協はしない!」
デッドスペースを利用して収納もたっぷり
夏は暑くて使えない屋根裏有効利用できる工夫があります。

お施主様にインタビューしました。

家づくりのきっかけ 動機

子供が生まれるまでは、いずれ妻の母国のロシアのように広々とした田舎でのんびり暮らしたいねと話していたんです。でも子供を授かり考えが変わり、通園、通学に便利な学校のそばの実家の建替えを決意しました。

会社選び

実家が26坪で第1種低層住居専用地域という建築基準法の制限の大きい地域であったため、まずは予算内狭小地を最大限に活かしてくれる会社を探したんです。最初は住宅展示場の大手ハウスメーカーを廻っていたんですが、私たちの予算内で満足できる提案をしてくれる会社がなく、次は近隣の工務店を訪ねはじめました。セレクトホームさんは特に紹介を受けたとか、事前に知っていたとかでなく、いきなり訪問した会社の一つでした。

なぜ選んだか

近隣の工務店の中にはお任せするには不安を感じる会社もあったんですが、セレクトホームさんはまず、お店内部の様子スタッフの皆さんの対応が信頼できるものだったんで、具体的な相談をすることにしました。そして、実績もあり、私たちの目線に立って一緒に細やかに相談に乗ってもらえたことが決め手となりました。

家づくりへの思い

家づくりにはたくさんの要望があったんです。
満足できるだけの広さがないけれど、叶えたかったを何等かの形で実現したいと思い取り組みました。

家づくりが始まってからの感想

特に設計、コーディネーターさんには迷惑をかけたくらいの時間を費やしてもらえたので、後悔や心残りに思うことがなく十分な家づくりができたと思います。 また、何度も長時間も打ち合わせに暴れん坊の息子の子守をしていただいたスタッフの皆さんにはとても感謝しています。
家づくりの日々は大変楽しい時間でした。

開催地のご案内

イベント予約

は必ずご記入ください

イベント名
明石海峡を望む屋上庭園のある家 完成見学会
来場予定日時 第1希望
月 日 
来場予定日時 第2希望
月 日 
来場予定日時 第3希望
月 日 
お名前
例 脇長 敬冶
ふりがな (全角ひらがな)
例 わきなが けいじ
郵便番号
半角入力:例 012-3456
ご住所
 
例 神戸市西区玉津町田中588-1
電話番号
半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス

半角入力:例 select@selecthome.co.jp
その他ご意見・ご要望ご質問など

例 土地探しから家づくりまで可能ですか?

施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 19年05月16日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年11月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年6月 ↓
2011年5月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2011年1月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年9月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年4月 ↓
2009年12月 ↓
2008年6月 ↓