神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

ほどよい<b>距離感</b>が心地いい玄関2か所<b>完全2世帯住宅</b>の完成見学会|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

イベント・見学会情報

ほどよい距離感が心地いい玄関2か所完全2世帯住宅の完成見学会*終了しました

日時 5月11日(土)12日(日) 10時~17時
場所 神戸市垂水区つつじが丘
ほどよい距離感が心地いい玄関2か所完全2世帯住宅の完成見学会

結婚を機に両親の老後のこと、
共働きしながらの子育てのことなどを考え、
助け合いながら生活できる2世帯住宅を建てようと2人で決めました。
お互いに気兼ねなくやりたいことができて、
のびのび暮らせるほどよい距離感のある家にしたい…
そんな思いで家づくりを始めました。
完成間近の家で打ち合わせ中、突然両親の涙を見て
決心して本当に良かったと思いました。
同じように2世帯住宅をご検討の方の、
参考になればと思います。

ほどよい距離感が心地いい玄関2か所完全2世帯住宅の完成見学会

チェックポイント

1.「お互い気兼ねなくお友達を呼びたいね」
1階のホールのみでつながる玄関、風呂、洗面、トイレがすべて2か所の完全分離型2世帯住宅です。必要なときは助け合い、普段は気兼ねなくのびのび暮らせる2世帯住宅の間取りとは?

2.「2階リビングの吹抜け天井は高さ最高5mで明るい!」
2階リビングならではの特権の開放感をご体感ください。

3.「上下階のへの配慮に注目!」
お互いの音が気にならないように、水回りの位置はすべて揃えています。

4.「何と収納15ヶ所!2世帯住宅だからと言って収納は妥協しない!」
オシャレな夫婦だから、お互いの洋服をきれいに分けて収納できるクローゼットをたっぷり設けました。

5.「スニーカーのコレクションが趣味なんです!」
シューズクロークには今まで仕舞きれなくて友達にゆずっていた大好きなスニーカーをたくさん並べて飾ります!

6.「1階、2階それぞれの好みで違っていてもいい」
1階親世帯はライトカラーで明るい雰囲気に・・・
2階子世帯はちょっとダークなカッコイイ雰囲気に…

7.「たまには2世帯揃ってホームパーティがしたいね」
お料理上手なお母さんのために、1階キッチンはガスコンロ用のオーブンレンジを内蔵しました。おいしいお料理が楽しみ!

ほどよい距離感が心地いい玄関2か所完全2世帯住宅の完成見学会 ほどよい距離感が心地いい玄関2か所完全2世帯住宅の完成見学会

お施主様にインタビューしました。

家づくりのきっかけ 動機

結婚を機に、両親の老後のこと、共働きしながらの子育てのことなどを考え、助け合いながら生活できる2世帯住宅にしようと2人で決めました。

会社選び

僕はが好きだったんです。それで木の家を建ててくれる会社を初めは自分たちだけで廻っていました。でも思っているものと違ったり、金額が高すぎたり…それで、スーモカウンターさんに行ってみたんです。そこでセレクトホームさんを紹介されました。

なぜ選んだか

正直木の家を建てて金額が合う会社は他にもあったんです。でもアットホームな雰囲気で話しやすく、もう一度行きたいと思ったのはセレクトさんだけでした。それが決定打です。また両親もこの会社なら安心して楽しく家づくりを進められると確信したので決めました。

家族づくりへの思い

必要なときは助け合いながら、お互いが気兼ねなくやりたいことができて、みんながのびのび暮らせる家にしたいと思っています。

家づくりが始まってからの感想

注文住宅なので、いざ打ち合わせが始まるとやりたいことがどんどん出てきて難しいなと思いました。そんな時にどこまでやるか、予算の見極めが大切だと思います。正直、あっという間で早かったという感想ですが、楽しい思い出となりました。完成直前に現地で打ち合わせがありましたが、突然両親がを流して喜んでくれました。これからこの思い出を大切に仲良く暮らしていきたいと思います。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 19年04月22日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年11月 ↓
2019年10月 ↓
2019年9月 ↓
2019年8月 ↓
2019年7月 ↓
2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年11月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年6月 ↓
2011年5月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2011年1月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年9月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年4月 ↓
2009年12月 ↓
2008年6月 ↓