神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

26歳の若い夫婦のワクワク<b>真っ黒デザイン</b>住宅 完成見学会|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

イベント・見学会情報

26歳の若い夫婦のワクワク真っ黒デザイン住宅 完成見学会*終了しました

日時 2019年3月9日(土)10日(日) AM10:00~PM17:00
場所 神戸市垂水区南多聞台1丁目
26歳の若い夫婦のワクワク真っ黒デザイン住宅 完成見学会

高校生から付き合っていた彼女と結婚しました!
二人でずっと温めてきたマイホームの夢
そのためにコツコツ頭金も貯めてきました。
やっと念願叶ってかっこいいデザイン住宅ができました。
よろしければ一度・・

26歳共働き夫婦の黒い家のチェックポイント

ワクワクするね。思わず覘いてみたくなる真っ黒デザイン住宅・・・」 学生のころからあこがれだったかっこいい建築家のデザイン住宅の夢がついに叶いました。

シンプル イズ ベスト!シンプルがモットーの二人です」 白のベースに黒い床と黒い壁がアクセントのモノトーンの家です。

「リビングの延長のウッドデッキでお友達を呼んでBBQがしたいね」 高校から付き合いの夫婦だから共通のお友達がいっぱい!仲間を呼んでワイワイホームパーティ・・・

働く奥さんは忙しい!家事や子育て、お仕事もがんばります。」 働く奥さんのために家事動線を重視しました。洗面→キッチン→パントリーの家事動線にご注目ください。

「冬寒くて、夏暑いアパートから脱出!」 冬は1台の蓄熱暖房、夏は階段のエアコン1台で全館空調の家です。 階段のスリットはエアコンの風を2階の各部屋に送るためです。

屋根裏は夫婦の筋トレルーム」 若い夫婦は健康にも気を配ります。二人でジムに通ったりランニングしたり・・・ 寒くない暑くない外断熱の屋根裏だからデッドスペースもくまなく有効利用して筋トレルームにしちゃいます。

「玄関横の土間収納は二人のスポーツグッズがいっぱい」 サッカーボールやランニングシューズ、もちろん将来はベビーカーも仕舞います。

26歳の若い夫婦のワクワク真っ黒デザイン住宅 完成見学会
26歳の若い夫婦のワクワク真っ黒デザイン住宅 完成見学会

お施主様にインタビューしました。

家づくりのきっかけ 動機

奥さんとは高校の時から付き合っていたんです。ふたりとも家の雑誌を見るのが好きで、おしゃれな喫茶店をみつけてはこんな家にしたいねと語りあっていたんです。ですから結婚前からコツコツとお金を貯めて頭金づくりをしていました。

会社選び

実は僕は前職住宅関係の営業だったんです。なのである程度知識があったんで、性能に特化したハウスメーカーやローコストメーカー、工務店など一通り話を聞きに行きました。

なぜセレクトホームを選んだか

今のアパートが冬寒くて、夏は暑いので奥さんが性能のいい家に住みたいと言いだしたのです。なので性能を売りにしているメーカーの話も聞きましたが、若い自分たちには値段が手に届かず、また、注文建築といっても自由性がなくて融通がきかないと思いました。結局住み心地を大切にしながらコスト面で納得ができて、何でも親身に相談に乗ってもらえそうなのでセレクトホームさんにお願いすることにしました。

家族への思い

子供は30歳ぐらいになってから2人欲しいと思っています。
奥さんも福祉関係の資格を持っているので、仕事を続けたいと思っているんです。
なので自分も家事と育児を手伝って、奥さんが子育てしながら仕事もがんばれるような家庭を作りたいと思っています。

家づくりが始まってからのご感想は

まだ若い自分たちにセレクトホームのスタッフの皆さん、そして両家の親族の皆さんに暖かく祝福してもらいあっという間の楽しい毎日でした。もうすぐ学生時代からの夢が叶おうとしています。まだ若い二人ですが、親族に見守られながらこの家で幸せな家庭を築いていきたいと思います。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 19年02月11日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年11月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年6月 ↓
2011年5月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2011年1月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年9月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年4月 ↓
2009年12月 ↓
2008年6月 ↓