神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

インテリア好き夫婦のためのダークブラウンの家 完成見学会|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

イベント・見学会情報

インテリア好き夫婦のためのダークブラウンの家 完成見学会*終了しました。

日時 2月9日(土)10日(日) 10時~16時
場所 神戸市北区ひよどり台
インテリア好き夫婦のためのインスタ映えするダークインテリアの家  完成見学会

・緑豊かな住宅街にブラウンのグラデーションが絶妙なお家がひときわ目を引きます。

インテリア好き夫婦のためのインスタ映えするダークインテリアの家  完成見学会

・ご主人様のふるさとの人口3000人の島のように、窓からは美しい山の景色が広がります。

・人気絶頂の黒いスチールのブラケットと木の棚板のオープン棚にクラシックな小物を飾ってインスタでちょっと自慢したくなります。

・テレビ裏の深みのある石柄のエコカラット間接照明が影を落としてリビングをおしゃれに演出しています。テレビに壁付のスピーカーをつないでホームシアターを楽しむ予定です。

インテリア好き夫婦のためのインスタ映えするダークインテリアの家  完成見学会

・両親に泊まってもらうためでもあり、子供のおむつ替えのスペースでもあるリビングの片隅の畳コーナーは、あえてダークグレーのふすま紙を見せて、モダン和風を演出しました。ダークインテリア和テイストの相性は抜群です。

・お部屋をさりげなく隔てたり、目隠しするための間仕切りはあえて壁を作らずにダークブラウンに塗装した木の格子を随所に採用し、渋くてクラシカルな空間を演出しました。建ぺい率の制限で確保できなかった広さをカバーしました。

インテリア好き夫婦のためのインスタ映えするダークインテリアの家  完成見学会

・吹き抜けでリビングとつながる2階の書斎にはご主人様の趣味のエレキギターを並べて掛ける予定です。家族のつながりを大切にしたい・・・

・寝室のアクセントカラーにダークブラウンと相性のいいダークブルーを採用しました。
ダークインテリアが今最もアツい

お施主様にインタビューしました。

家づくりを考えられるようになったきっかけは?

ずっと家を持つのなら65歳で住宅ローンを払い終わりたいと考えていたんです。なので30歳になったのをきっかけに家づくりを検討始めました。

セレクトホームとの出会いは?

最初は値段が安い建売や土地と建物がセットの建築会社を検討していたんですが、主人には故郷みたいにの見えるお庭でウッドデッキに二人で腰かけて朝食をとったり、バーべキューをしたいという夢があったんです。それで親身になっていくれる工務店でこだわりの注文住宅を建てようと決めました。
そんな時に主人の会社の同僚の紹介でセレクトホームさんの見学会に参加しました。

どうしてセレクトホームで家を建てようと思われましたか?

始めて見学会に行ったときから、皆さんの温かい人柄に接し、ここならいいお家を建ててくれると直感しました。なので他の会社は全然考えませんでした。

家づくりが始まってからのご感想は

一番悩んだのは土地探しです。主人は九州の人口3000人の島の出身で故郷のような緑いっぱいの広々としたところに住みたいとずっと思っていたんですが、私は仕事を続けたかったので通勤のこともあり利便性重視でした。一生懸命探してもらったのにしっくり来る土地に巡り合わず、申し訳ないと思う気持ちでいっぱいでしたが妥協はしたくないと思ったんです!4か月もかかってやっとここで住みたいと思う土地に出会うことができました。
セレクトさんに出会ったころは子供に恵まれませんでしたが、途中で偶然子供を授かり、家ができる頃は家族が3人になることになりました。
緑の見える景色のいい家で、子育てをしながら幸せに暮らしていきたいと思います。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 19年01月08日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年11月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年6月 ↓
2011年5月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2011年1月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年9月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年4月 ↓
2009年12月 ↓
2008年6月 ↓