神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

10月11日(土)12日(日) 大きな小屋裏のある外断熱の「平屋の家」お手本住宅実例見学会開催|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

イベント・見学会情報

10月11日(土)12日(日) 大きな小屋裏のある外断熱の「平屋の家」お手本住宅実例見学会開催

大きな小屋裏のある外断熱の「平屋の家」お手本住宅実例見学会

震災を経て築38年の家は痛み、
歳とともに寒さがこたえるようになったM様...
「目に入れても痛くないかわいい孫たちが喜んで泊まりにきてくれる寒くない家に建て替えたい...」
「冬でも開け放して暮らせる暖かい家に住みたい...」
「使わなくなった2階をなくして無駄な動線を省いた平屋の家がいい...」
自分で作った野菜で妻とゆっくり食事を楽しみたい。
そんな思いでM様の家づくりは始まりました。
思い出の品がしまえる大きな小屋裏...
肌にやさしい兵庫の床...
お互いの気配が感じられるシンプル快適な平屋の家...
いろいろ悩んでやっとのことで「癒しの我が家」が完成しました。
大きな小屋裏の小窓からもうすぐ公園の紅葉が眺められそうです。
の床はやわらかくていい香りがして心からいやされます。
そこでひのきの香りやわらかさシンプル快適平屋の空間を味わっていただきたくて2日間だけ見学会を開きます。
よろしければ一度...有難うございます。

開催地のご案内

大きな小屋裏のある外断熱の「平屋の家」お手本住宅のチェックポイント

  • かわいい孫たちが泊まりにきても寒くない家とは?
  • 無理無駄を省いたシンプル快適な平屋の空間とは?
  • ひのきの香りとやわらかさが体感できる見学会です
  • 1台で真冬も暖かい蓄熱暖房とは?
  • 夏エアコン1台でちょうどいい涼しさの家とは?
  • キッチンを中心に水回りや部屋がすべてつながる平屋の動線とは?
  • 景色をみながら調理ができる3室南向きの間取とは?
  • キッチンから3歩。食事運びが楽ちん直通の客間
  • 使わなくなった思い出の品が仕舞える大きな小屋裏とは?
  • 小屋裏の小窓からはもうすぐ公園の紅葉が眺められます。
  • あったら便利、漬物や野菜もたっぷる収納キッチン横のパントリー
  • 自分でつくった野菜で食事を楽しめる家庭菜園のある庭。
  • 家づくりを考えている方必見!TTP(てっていてきにパクロウ)
    住宅展示場にはない等身大の家づくりアイデア
  • 平屋の家はいったいどれぐらいお金がかかるの?
  • 老後のためにはいったいいくらお金を残せばいいの?
  • 誰もが一番気になるお金の不安とは?

お施主様の声

築後38年の家、阪神淡路震災後にいたみがひどくなったのと、加齢とともに冬の寒さ、特にタイル張りの風呂は身にこたえ、一部屋だけの暖房で夫婦が過ごす日々でした。
「とにかく冬暖かく過ごせる家」「明るくて収納たっぷりのコンパクトな家」を求め、あちこち見学会に参加して、外断熱工法に興味を持つようになりました。
セレクトホームさんには夏涼しくて冬暖かい外断熱、環境に負荷の少ない蓄熱暖房、屋根裏収納などいろいろ提案をいただき、また、社長さんの県産木を守りたいという考えにも家族で賛同しました。
建て替えを決意してから2年、紆余曲折はありましたが夫婦二人の望みをかなえることができました。
セレクトホームのスタッフのみなさん、ありがとうございました。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 14年10月10日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年11月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年6月 ↓
2011年5月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2011年1月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年9月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年4月 ↓
2009年12月 ↓
2008年6月 ↓