神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

7月19日(土)20日(日) 『建坪70坪の光庭のある家』の舞台裏実例見学会開催|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

イベント・見学会情報

7月19日(土)20日(日) 『建坪70坪の光庭のある家』の舞台裏実例見学会開催

7月19日(土)20日(日) 『建坪70坪の光庭のある家』の舞台裏実例見学会

住みにくくなった母屋の建替を考えられて
一年あまり前の当社の見学会にお越しになられたK様の娘様ご夫婦...
2月なのに1台の蓄熱暖房機だけで暖かい家に驚かれました。
年老いた両親冬でも暖かい家がいいな...」
「いつまでも健康長生きしてもらいたい。」
暑さ寒さをがまんしなくていい、温度差のない安全な家...」
「身体が不自由でも安全暮らせるバリアフリーの家...」
がどの部屋にもあふれる光庭吹抜けのある家...」
娘様ご夫婦の想いはだんだんつのっていきました。
色々住宅会社廻りをして、家の勉強もされました。
そして出会いから1年、やはりきめ細かいフォローができる地元の当社を選ばれました。
家づくりは見た目や仕上げも大事だけれど、やっぱり目に見えない中身が...
そこで、何から初めていいかわからなくて悩んでいる方に完成すると見えなくなってしまう家づくりの舞台裏を見ていただきたくて、2日間だけ見学会を開きます。
よろしければ一度...有難うございます。

開催地のご案内

『建坪70坪の光庭のある家』の舞台裏のチェックポイント

  • どの部屋にも風や光があふれる建坪70坪の光庭のある間取りとは?
  • 兵庫県の桧や杉のいい香りを体験できます。
  • 家づくりの業者選びに迷った時、工事途中の家を見ると迷わないポイントとは?
  • 夏涼しく、冬暖かく過ごせる断熱の方法とは?
  • 本当はこわい壁の中の目に見えない結露。
  • 夏でも暑くならない小屋裏のヒミツ
  • すっぷんだからわかる大工さんの腕の見分け方。
  • 出来上がってからでは見えない外断熱の断熱の仕方
  • こだわりの家づくりにはどれくらいお金がかかるの?
  • 誰もが気になるお金の不安を解消します。

お施主様の声

私は13年前に外断熱工法のことを知るまではグラスウールという断熱材が壁の中にぎっしりと詰め込まれているのが当たり前だと思っていました。
しかしその断熱材が壁の中で結露によって大きく垂れ下がり、柱や土台がボロボロに腐り、それが原因でカビやダニ、白蟻を繁殖させ、私達の健康や家の耐久性を脅かしている事実を知りました。
やがて私は少しでも多くの方にこの事実を知っていただき、結露の心配がなく住みごこちにご満足いただける外断熱工法を普及させたいと願うようになりました。
あれから13年、改良を重ね、後学と言われている外断熱工法の家をどこよりも手に入りやすいお値段で提供できるようになりました。
くわしくは見学会会場でお問い合わせください。


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 14年07月15日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2019年6月 ↓
2019年5月 ↓
2019年4月 ↓
2019年3月 ↓
2019年2月 ↓
2019年1月 ↓
2018年12月 ↓
2018年11月 ↓
2018年10月 ↓
2018年9月 ↓
2018年8月 ↓
2018年7月 ↓
2018年6月 ↓
2018年5月 ↓
2018年4月 ↓
2018年3月 ↓
2018年2月 ↓
2018年1月 ↓
2017年12月 ↓
2017年11月 ↓
2017年10月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年7月 ↓
2017年6月 ↓
2017年5月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年11月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年6月 ↓
2016年5月 ↓
2016年4月 ↓
2016年3月 ↓
2016年2月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年10月 ↓
2015年9月 ↓
2015年8月 ↓
2015年7月 ↓
2015年6月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年10月 ↓
2014年9月 ↓
2014年8月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年4月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2014年1月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年10月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年7月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年3月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年10月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年7月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年3月 ↓
2012年2月 ↓
2012年1月 ↓
2011年12月 ↓
2011年11月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年6月 ↓
2011年5月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2011年1月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年9月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年4月 ↓
2009年12月 ↓
2008年6月 ↓