SITE MENU

社長のひとりごと

社長のひとり言

~働く意義~

2017年 2月

 14年前に亡くなった父は私が社会人になった頃、私によくこう言っていました。「人の倍、働け、倍、働け」と。それに対して若く生意気な私は、「倍、働いたかて給料は倍にはなれへんやん」と言い返していました。人の2倍働いて、2倍の給料がもらえるのだったら、働いてもいいが、それが保証されないのであれば、倍も働くなどばかばかしい、大損である、とさえ思っていました。ところがそんな私が今は経営者となって、だれに言われることもなく、倍も3倍も働いています。当時いかに若いからといって、私の言動や考え方は、思い出してもあまりに未熟で幼稚であったと、ただただ恥じ入るばかりです。

 この講では、そんな私が、目先の損得のみにとらわれた人生は結局のところ、幸せとは程遠い世界に陥ってしまうことになると度々、記してきました。会社の経営理念にも「・・・・働くことの意義を学び人間として成長していきます」と明記しています。これは社員には働く意義を自らが考え、自分自身でその答えを見つけて欲しいと考えたからです。ですから、私がそのことについて説法したことは一度もありません。立場を利用した価値観の押しつけは、相手の反発を招くだけであることを私は経験を通して、よく知っています。それに、あらゆる事象について、その意義を見出すことは至難の業です。たとえ出来たとしても、それは人それぞれです。その人の経験、学び、性格、環境等によって見つける答えは違ってきます。しかし、一般的な答えとして、私は働くことの意義を以下のように捉えています。

1、お金を稼ぐため。そうしないと衣食住に困るから。

2、社会と関わっていくため。社会と絶縁し一人で生きていくことは苦痛である。

3、その仕事を通して社会に貢献するため。それは喜びとなる。

4、仕事は思い通りにならないことの連続です。それを乗り越えるたびに成長する。

私は人生に終わりはあっても、仕事に終わりはないと考えています。なぜなら人が成長するためには仕事は不可欠だからです。そして人間の成長にも終わりはありません。死ぬ瞬間まで成長し続けなければならない。だから死ぬまで仕事をしなければならいと考えるのです。

(ここでいう仕事とは会社で働くことだけを言っているのではありません。家事や地域活動、病気との闘いなどあらゆる活動を意味しています)私は若い時、働くことの意義を上記の1、としか認識していなかったのです。ですからサラリーマンにとっての幸せは、少しでも小さな責任で、少しでも楽をして、少しでもたくさんの給料をもらうことである、と本気で思っていました。しかし、そんな理不尽が続くわけがありません。こんな考えでは、しんどいこと、苦しいことの連続に堪えられなくなるのは当然の帰結でした。結局は逃げるように転職しました。 今の私にとって働く意義の大半は上記の3,4です。大きく成長するためには、上述の反対が必要です。少しでも大きな責任を持ち、決して楽な道を選ばず、頂ける給料に感謝する。仕事は思い通りにならないことの連続です。悩み、苦しみ、努力するからこそ成長できるのです。そして、それを乗り越えたときだけに、真の喜びを感じることが出来るのだと信じています。40数年前、父はそれを私に教えてくれていたのでした。

お父さん、ありがとう。   感謝 合掌


施工事例はこちら

最新のイベントはこちら

| 一覧へ戻る (一つ前のページへ) | 17年02月23日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2017年11月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年6月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年5月 ↓
2016年3月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年9月 ↓
2015年7月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年9月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年2月 ↓
2011年12月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年7月 ↓
2011年5月 ↓
2011年4月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年10月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年6月 ↓
2010年5月 ↓
2010年4月 ↓
2010年3月 ↓
2010年2月 ↓
2010年1月 ↓
2009年12月 ↓
2009年11月 ↓
2009年10月 ↓
2009年9月 ↓
2009年8月 ↓
2009年7月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年4月 ↓
2009年3月 ↓
2009年2月 ↓
2009年1月 ↓
2008年12月 ↓
2008年11月 ↓
2008年10月 ↓
2008年9月 ↓
2008年8月 ↓
2008年7月 ↓
2008年6月 ↓
2008年5月 ↓
2008年3月 ↓
2008年2月 ↓
2008年1月 ↓
2007年9月 ↓
2007年8月 ↓
2007年7月 ↓
2007年6月 ↓
2007年5月 ↓
2007年4月 ↓
2007年3月 ↓
2006年10月 ↓
2006年8月 ↓
2006年7月 ↓
2006年6月 ↓
2006年5月 ↓
2006年4月 ↓
2006年3月 ↓
2006年2月 ↓
2006年1月 ↓