SITE MENU

社員ブログ

家とデザイン

8月7日 (月)
こんにちは、家づくりサポーターの渡辺です。
先ほど台風が5号が通り過ぎたみたいです。少し風と雨が治まっています。
さて、最近、家はスペックや仕様、性能といったものから、
自分流「スタイル」「ストーリー」を大切にしたい若者が増えているそうです。
それは「モノ」があふれかえる世代だから「モノ」から「コト」へ
価値が変わってきているからだと言われています。
そしてファッションの世界でも時代とともに良さが増してくる、
あえて古い型のブランド物をヴィンテージものと言って重宝したり、
わざとダメージ加工したジーパンがかっこ良かったり・・・
家も一時期の日本人が好きな窓がいっぱい、明るく、シンプルな家より、
窓を少なくして、少しダークな色使いのクロスや、
敢えて使いこんだようにダメージ加工した床材やレトロなタイルなどの
内装が流行しています。
不思議と流行るとそれがかっこよく見えてくるのですね。
お金をかけるのは好きではないけれど、ファッション大好きな、
若者ではない私でも、それはそれで、かっこいいなと思ってきています。
そしてこんなこだわりが実現できるのも工務店の注文建築だからこそですね。
家なんて、デザインじゃなく、耐震や性能だよと言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
やはり、ずっと、1日の半分は過ごす家です。
好きな物に囲まれ、好きなことをして、自分流に暮らすのも幸せですね。

yjimage3ADT230A.jpgのサムネイル画像yjimageCFELBVM7.jpgのサムネイル画像yjimageWW8U4NSO.jpg



| 17年08月07日

住宅ローン

家づくりサポーターの平田です。8月に入りフラット35(国が貸し出す住宅ローン)の金利が上がり、5月から比べると、0.06%のアップです。とはいえまだまだ低金利なのですが、最近のフィナンシャルプランナー(FP)のなかには、今のうちに固定金利でローンを組むことを進められているかたが増えているように思います。金利動向や増税、減税措置などが目まぐるしく変化している昨今、銀行や住宅会社が開催している資金セミナーで情報収集されてはいかがでしょうか。弊社もほぼ毎日無料相談受け付けておりますので、お友達にも教えてあげて下さいね。マイホーム.JPG

| 17年08月04日

家づくりの最大の疑問??

こんにちは、住宅事業部の岸本です。
家づくりサポートの私ですが最近では、新築担当とリフォーム担当のどちらも
兼任させていただいております!
リフォームはやり始めて新築担当のときとは違った勉強になることが多々あります。
新築でお家のことももちろん大切ですが住宅ローンなど資金計画も重要になってきます。
リフォームでは現場のこと、職人さんとのコミュニケーションなど新築のときでは関われなかったことがたくさん出てきました。
そしてどちらも担当することによって一番自分の糧になったなぁとおもうことは、
見学会でもお客様からよく出てくるご質問『新築とリフォームおどちらが良いの??』という疑問に今まさに直面しております。
リフォームでもトイレの取替や壁紙の張替など比較的小規模の工事なら金額も築とは比べ物にならないですが、前面の改装となれば新築と同じくらいの費用が
かかってきます。新築とリフォームでの大きな違いは構造躯体が変わるかどうか、です。どれだけリフォームで費用をつぎ込んでも建物自体は新しくなりません。
ただ新築と同様、リフォームも予算とのご相談です。
リフォームでもきちんとした資金計画が重要。
当社は新築とリフォームの二つの部門が存在します。どちらも安心してお任せいただける自信はございます。
しかしどちらにしようかな、と大きく迷われている方はぜひ一度ご相談ください。最適な資金計画を以て、最高のご提案をさせていただきます。

05300000209541125548960986737.jpg

| 17年07月28日

カリフォルニアスタイル

山口です。

今、良く耳にします『カリフォルニアスタイル』とは。。。

皆さまはどんなイメージでしょうか。。。

これは私のイメージですがライフスタイルで言いますと

サーフィンやスノーボード、今流行のグランピングなどなど

明るく活気に満ちたイメージです。

カリフォルニアテイストと言われている中の一つがライフスタイルと

呼ばれているものだそうです。

家づくり、インテリア、フード、アクティビティ、そして生き方。

カリフォルニアスタイルと一言でいいましてもテイストがたくさん有りますね。

たとえば、ビンテージ風、ナチュラル風、サーフ風などなどたくさん有ります。

ビンテージ風だと年数を感じさるトランクBOXや無骨なブラックフレームラックなどなど

ビンテージの魅力を引き出しつつグリーンやブルーを多めに使うことがポイントだそうですよ。。。

私も自分の部屋の模様替えをしてみようかな~と思う今日このごろです。。。(^^♪

| 17年07月24日

耐震。

みなさま、いつもお世話になっております。

家づくりサポーターのよしだです。

耐震についてすこし。

いまや、長期優良住宅という言葉は

あたりまえになってきました。

お家を長期間使用できるように、

維持管理や、劣化対策など、いろんな項目がございます。

そのなかでも、気になるのは、地震による倒壊、構造ですね。

お家えらびの優先度も高いのではないでしょうか。

そこで、丈夫なお家の目安となるのが、耐震等級です。

等級は1~3まであり、3が一番高い等級です。

長期優良住宅では、耐震等級2以上が必須です。

また、屋根の重さによっても、多少揺れへの影響があると思います。

あたまが重いと、なんだか揺れそうな気がします。

セレクトホームでは、室内への熱影響の関係もあり、

軽い材料のガルバリウム鋼板を、ちょっぴりひいきにしております。

あたらしく建てたお家、安心して暮らしたいですよね。

そんな家づくりの相談へ、ぜひお越しいただければと思います。

| 17年07月22日

イベント・見学会情報

月別アーカイブ