神戸市、明石市、加古川市で注文住宅・リフォームなら

2006年06月|神戸で注文住宅を木の家で建てる工務店、セレクトホーム

instagramFACEBOOK

2006年06月アーカイブ

社長の交遊録2006年06月10日

社長の交遊録
                                                                                                                

 2006年6月

  私は31歳の時に結婚しましたが妻とは知り合ってから32年になります。でも、もっと古い付き合いの友人が4人います。いずれも大学1年の時にサークルで知り合った友達です。知り合ってから、36年が過ぎました。いまだに交際があり、今年は3月に松山の道後温泉に集合しました。そして、来月(7月)は米子の皆生温泉に集合です。もともと大阪生まれの大阪育ちの私ですが、なぜか幼稚園から高校までの大阪の幼馴染との交際が途絶えてしまい、大学で知り合った友人は福岡、岡山、香川、奈良とみんな他府県の出身ですが36年間、年に2、3度ですが絶えることなく交際しています。
私が18歳のとき福岡のK君は20歳、岡山のH君は19歳、香川のU君、奈良のO君は18歳でした。現在、K君は某大手電機メーカーの福岡県にある子会社の総務担当役員をし、56歳。H君はもともと地元岡山の銀行員でしたが、今は運送業の経営者をしています、55歳。U君は大阪で公認会計士として会計事務所を経営し、神戸の私の会社の非常勤取締役にもなってもらっています、55歳。O君は大阪の証券取引所の課長とのことで55歳。
U君とO君には私が独立起業するときに、私が貧乏だったので彼らに毎年最低1割の配当をするからと言って、それぞれ100万円づつを出資してもらっています。しかし創業して11年間、一度も配当金を支払ったことがありません。それで仕方なく、旅行の時に私の車を出して私が運転手をして、彼等への配当金としています。3月も道後温泉まで私一人で運転しましたし、今度の皆既温泉も私が運転手を務めることになっています。私も54歳です。3時間も5時間も、いかに休憩を取りながらといっても体力的にきついものがあります。来年こそは株主配当をして、このつらいお役目から開放されたいと願っています。皆さんどうかお力を貸してください。
 U君、O君、それに私の3人は比較的元気で、それほど大きな病気もしたことはありませんが、岡山のH君は去年大腸の病気で死にかけていました。75キロ位あった体重がなんと45キロ位まで落ちて、別人かと思えるほどの変わりようでした。「おえりゃーせん」と言って結局、人工肛門を付けることにはなりましたが、今年3月の道後温泉には67キロまで戻してやって来ました。
 福岡のK君も3年前、広島であったとき顔が異様にむくんでいたので、どうしたのかと聞くと、ストレス発散のため毎日大酒をくらっていたら、こんなになってしまったとのことでした。「脇長、なんば心配しよっとか。」と強気なことを言ってましたが、結局、入院することになり今回の皆生温泉はK君だけ欠席です。出来れば、早急にお見舞いに行くつもりです。
 昔、5人で徹夜マージャンを何度も何度もやってきた体力は、もうありません。温泉旅館でも12時がくるとだれかれなく「もう寝ようや」と。
K君、H君、U君、O君いつまでも元気で、100歳まで長生きしよう

| コメント (0)