社長のひとりごと|神戸市で健康住宅、外断熱、ソーラーサーキットの冬暖かく、夏涼しい家を建てる工務店

instagramFACEBOOK
フリーダイヤル資料請求 お問い合わせ
SITE MENU

社長のひとりごと

~少聞~

2018年1月

 法句経152番はこのように書かれています。『聞くこと少なきひとは、かの犂(すき)をひく牡牛のごとく、ただ老ゆるなり。その肉は肥ゆれど、その智慧は増すことなからん』この言葉は友松圓諦先生のCDで知りました。以下に友松先生の解説を記します。
 “お釈迦様には阿難という弟子がいました。いつもお釈迦様の側にいて、お釈迦様のお話をよく聞いていたので「多聞第一」と呼ばれました。多聞とはその字の通り、たくさん聞いて智慧があるという意味です。「聞くこと少なきひと」はこの反対ですので“少聞”と呼び、聞くことが嫌いな人のことです。特に年寄りは得てして聞くこと少なき人が多い。そして周りの人に聞かせよう聞かせようとするのです。ところが勉強はしない、研究もしない、何を聞いてもあまり驚かない、好奇心も知識欲も減って聞くことが少なく、そのくせ何でも知っているつもりでいて、本当は何も知らない。知ったかぶりをしているのが老人の癖です。田畑の土を耕す犂を引く牡牛は、年をとると太る一方です。牡牛は食べるばかりで太っていきます。しかし牛ですから勉強しないので智慧が増すことはありません。人間も同じです。若い人からものを聞いたり、世間からものを学ばなければ、智慧が増えず、ただ年をとってしまうだけの存在です。“ 
友松先生のお話を聞いて、半分は私のことかと思いました。私も妻からよく言われます。
『お父さん、少しは人の話を聞いたらどう。人がしゃべっているのにまともに聴いてないじゃないの。たまに聴いてるかと思えば、私の話で思いついた自分の話をして・・・・・』
私の知る限り人間は基本的におしゃべりが好きです。特に自分が話すのが好きです。でもそういう人に限って、人の話は聞きません。人がしゃべり出すと、プイッと横を向くか、その人の話に首を突っ込み自分がまた話し出す。老人でなくても人は、人に聞かせよう聞かせようとする悪い癖があります。ではなぜ人は少聞で多弁になるのでしょうか。いろんな理由が考えられます。ひとつは自分には関心があるが、自分以外の人には関心がない。もうひとつは、聞くことによって自分が人生で積み重ねてきたことを否定されるのではという恐れ、あるいは本当は自分の心の奥底で気付いている認めたくない間違いを、認めさせられるのではないか、という恐怖。自分の積み重ねてきたものを否定されたり、認めたくない自分の間違いを認めてしまえば畢竟、自分を変えざるを得なくなる。自分を変えるということは大変なことです。変化していくために新しいことを学び覚え実践していくというのは大変な苦労です。それが嫌だから聞かないのです。そして聞きたくないからしゃべるのです。人間は基本的にしんどいことは避けたい、楽に生きていきたい、そう考える動物です。
 しかし、諸行は無常です。おなじことは絶対に続きません。これは宇宙の法則です。だとしたら自分も変化していかなければなりません。「変化に対応するものだけが生き残る」という有名な言葉もあります。変化していくことは苦であると前述しましたが、苦であるからこそ成長し、そこに本当の喜びがあるのではないかと信じています。「苦」なくしては成長もなければ喜びもありません。私達はいつも多聞を意識し、少聞を慎まなければなりません。
そんなことで私は会社の行動指針に「人の話は素直に聞きます」と作りました。

| 18年01月27日

~精一杯~

2017年12月

異業種交流会の仲間から勧められて数年前から「致知」という月刊誌を購読しています。
毎月、必ず新しい学びがあります。人間学を学ぶ月刊誌と銘打っていますから、いかに生きるべきかというヒントが毎月、数多く掲載されて大いに刺激を受けています。それとともに、今の自分のふがいなさを思い知ることにもなるのです。この「致知」に一貫して流れている根本思想は、いつも、真剣であること、誠実であること、決してあきらめてはいけないこと、限界に挑戦し続けること、死にもの狂いに働くこと、謙虚であること、感謝の気持ちを持ち続けること・・・・・等々です。今月号は「仕事と人生」というテーマで特集されています。  
特別講和はシンクロの日本代表コーチの井村雅代氏の講演内容が記されていました。
そのなかに「・・・・彼女たちは、なぜこんなに燃えない若者になってしまったのか。倒れるまで追い込まれて練習した経験がなかったんです。そして、試合に負けて、情けなくて、泣き崩れた経験がないんです。その代わりに周りの大人たちがかけたのが、「精一杯やったからいいじゃない」という言葉でした。・・・中略、「精一杯やったからいいじゃない」という言葉によって、彼女たちが失敗から学ぶ絶好のチャンスを奪ってしまっていたんです。そんなのないよって叫びたかった。・・・・・」この言葉は私に突き刺さりました。私自身がよく心の中で、そう言いきかせていたからです。精一杯やったと。でも、それは嘘です。不摂生で入院したことはありますが、倒れるまで働いて入院したことは一度もありません。この月刊誌、致知を勧めてくれた私より20歳も年下の経営者は「30台で社長になった時、苦しくて血の小便が何日も止まらなかった」と話してくれたことがあります。本当に心の底から精一杯やったか。天地神明に誓って答えろといわれれば、「やってない」と答えるしかありません。いかに生きるか,どう人生を全うするかは、すべて個々人の自由です。だから人それぞれの幸福感があって当然です。でも、どんな人でも幸せになりたくないと思っている人はいないはずです。もし本当の幸せ、喜びが真実、精一杯やってきた人だけが感じられるのだとしたら、私が過去の人生において幸せと感じてきたものは、突き詰めれば本物の喜び、幸せではなかったのかもしれません。きっと私だけではないと思います。本当は精一杯やってないのに、自分は精一杯やったと思いたいのではないでしょうか。そのほうが楽に生きられるからです。しんどいことから逃れられるからです。人間はどこまで行っても弱いものです。だから、このような月刊誌を定期的に読んで、自分を顧み戒め、行動を改める必要があるのだと思います。今月の学びは大変厳しいものとなりました。
最後に致知今月号から次の言葉を記して終わります。  「仕事は生活の方便ではない。生活の目的であり、働くことが人生の価値であり,人生の歓喜である」-ロダン
 「たとえ時代がいかに推移し展開しようとも、人は自らの職業を、天より与えられたわが使命達成の方途として、これに対して、自分の全身全霊を捧げるところに人生の真の幸福は与えられる」-森信三先生

| 18年01月27日

~鳩~

2017年11月

 秋が深まり、冬を感じさせる日々が続いています。我が家の庭の寒椿も一つ一つと花を咲かせてきました。休日の朝、私の大好きなメジロが、そのわずか数枚しかない花びらに頭を突っ込み、蜜をついばんでいる姿は、毎年のことながら心を和ませてくれる癒しの風景です。そんな我が家の庭での出来事を今月は少し記したいと思います。とは言ってもそれは私自身の体験ではなく、すべて妻から聞いた話です。

 11月に入り、庭木の剪定に植木屋さんがやってきます。たまたまその日、私は休日で家にいました。妻が植木屋さんにこう言いました。「あのモミジの上の方に鳩が巣をつくっているから、そのあたりは鳩のために、あまり切らないで下さい」妻はこよなく樹木が愛する人ですから、私には意外な言葉でした。別に鳩のために庭木を植えたわけではないのですから、必要な剪定はすればいいので、その結果、鳩がどこかに飛んで行ったところで、糞も落ちなくなってそのほうが好都合ではないかと、私は思っていました。私は妻に聞きました。「お母さん(妻のこと)、鳩なんか気にせんと、木、切ってもろたら」と。   そして妻から聞きました。

「去年の秋、多分向かいの猫にくわえられたと思うんだけど、我が家にいた小鳩(ヒナ)が向の家からバタバタ飛んできて、うちの庭の鳩の巣のあるモミジの下にバタッと落ちて、うずくまっていたの」もう夕方で陽も落ちようとする少し前のことでした。そこで妻は思ったそうです。何とかモミジの木の上にある巣まで、このヒナを戻してやれないかと。自分は怖いし足も悪くてとても、はしごで戻してやることなんかできない。こんな時に高所作業車でも来てくれたら、巣に戻してあげることが出来るのにと思ったそうです。その時、奇跡が起きました。間をおかず本当に高所作業車が電柱工事のためにやってきたのです。妻はその工事の人たちに頼んだそうです。「このヒナをあのモミジの上の巣に戻してやってもらえませんか」すると高所作業車の人たちは快く応じてくれたそうです。妻は「きっと神様がよこしてくれたんだわ。だってこんな偶然あり得ないと思わない。お父さん」私もそう思います。そしてそのヒナは助かり、今年は親バトとなって、自分のヒナを育てています。でもその時、ヒナはもう1羽いたのでした。高所作業車が帰って行った後、庭の別の所に弱り切ったヒナが1羽いたのでした。妻は暗くなりかけていたこもあり気付かなかったそうです。もう、高所作業車はいません。私は仕事でいません。 次の日の朝、死んでいたそうです。

 あの猫にくわえられ、そこから逃げ、必死に我が家まで飛んできて、偶然やってきた高所作業車の人たちに助けてもらった鳩は、今必死に子育てしているそうです。親となった鳩は1日2~3回、小鳩に餌を与えにやってくるそうです。それも自分が食べたものを吐き出して口移しにヒナにやるのです。地面の上でです。ヒナは親鳩の口にくちばしを突っ込み必死に食べています。ヒナが食べ終わると親鳩はまた餌を求めて、どこかへ飛んでいきます。親鳩が餌を与えにやってくるとき以外は、ヒナはいつも一人ぼっちです。最初は2羽いたそうです。それがいつも間にか1羽になっていたのです。妻はまた猫に襲われないかといつも心配しています。そしてこう言います。「親鳩の懸命の子育て、親鳩を信じて、じっと待っている小鳩、そのいじらしさ。その親子の愛情に感動するの。それと自然界で生き残ることの厳しさもね」

人間以外の自然界の生き物は、生き残るため必死に生きます。人間のように明日を思い煩うこともなく、ただ生きていくために一瞬一瞬を精一杯生きています。動物も虫も木も花も、みんな真剣に生きています。人間だけどうしてそうならないのか、今もよくわかりません。

| 17年11月27日

~半月板損傷~

2017年10月

 右膝が痛くてどうしようもなく、整形外科に行って診てもらいました。「加齢と、何か特別に負荷がかかったことによる半月板損傷です。あなたがもっと若かれば手術しますが、60歳過ぎた方にはやりません」と宣告されました。そして痛み止めとシップ薬を処方して頂きました。あれから2ヶ月経ちましたが、相変わらず痛みます。先生に「何か特別に負荷・・・」と言われたとき、すぐピンときました。この講の9月号で記しました義母のことです。義母を病院に連れて行くのに何度か背中に負い、階段を上り下りしました。義母は体重僅か30㎏そこそこですが、正直こたえました。私は70㎏、合わせて100㎏、鍛えていない体と年齢に右膝が勝てなかったようです。忙しい忙しいと言いながら、以前はよくしていた妻との散歩も最近はほとんどしなくなりました。またゴルフにも行かなくなりました。これでは膝を痛めても仕方ないなあ、と言いつつも、心の底にはどこか、義母さえ背負わなければよかったのに・・・と他責の念が未熟者の私にはありました。恥ずかしいことです。

 人間には①「頑張らなくてもいいんだ。今の自分でいいんだ。これでいいんだ」という面(タイプ)と、②「これではいけない。自分に足りないところはどこだ。うまくいったけれども、もっと上手くいく方法はなかったのか。自分は本当にこれでいいのか」という面(タイプ)があると思います。だいだいの人は片寄こそあれ両面を持っているのではないでしょうか。私はどちらかというと本質的には①タイプなのですが、立場と学びとによって②に近づきつつあるように思います。しかし義母さえ背負わなければ、自分は膝を痛めることはなかったという思考は①が根底となったマイナス面の恥ずべき他責思考です。正しくは足腰を鍛えていなかった自分の責任です。自責すべき出来事でした。今、遅まきながら足の筋肉を少しずつですが鍛えています。

ところで成功者と言われる方のほとんどは②のタイプではないかと思います。それでは①の思考はよくない思考かと問われれば、決してそうではありません。怠惰、放逸はよくありませんが、今の自分に自信を持つこと、自分は大切な存在である、自分は役に立っているという意識は①と矛盾するもではありません。また①を気楽な生き方と捉えてはいけません。人生は苦の連続ですから、気楽な人生など誰一人として送ることはできません。今の自分を肯定するからこそ、②のように、これではいけないと考え、努力する方向に向かうのではないでしょうか。成功者はほとんどが②タイプと記しましたが、そもそも成功とは何か。経済的、社会的立場が優位になることを成功とする考え方を私は否定します。成功とは自分に与えられた天分、使命の中で、熱意をもって精一杯生きていくことであると私は信じています。そのためにも自分は価値ある人間であるとの信念は不可欠です。

この度は、はからずも膝を痛めるということで、うまくいかなかった原因を他にもっていく不徳な感情を抱き口にしてしまいました。義母に対する心からの深い感謝の気持ちがあれば、このような考えは起こらなかったと思います。感謝の心が幸福の原点であることを忘れず、自分の持つ人生の課題(弱点・欠点)にこれからも挑戦していきます。  反省・合掌

| 17年11月05日

~義父母~

2017年9月

 私の大好きな義父(妻の父)が認知症になってもう既に7年以上経ちます。今92歳です。義父は瀬戸内海の小さな離島(現在人口14人)に生まれ、兵隊に行き、捕虜になり、帰ってから船員になりました。学歴はありませんでしたが独学苦学して1等航海士の資格を取り、外国航路の船長になり、そして定年まで勤め上げました。そんな義父でしたが85歳を過ぎてから少しずつ症状が現れてきました。それでも義母と二人、離島で暮らし続けてきましたが、4年前、さすがに限界が来たものと、二人を我が家に招き入れ、妻と私の4人で生活を始めました。

義母は足が極端に悪く、(みかん農家でしたから重たいみかんを背負って山道を登り下りし過ぎたせいと思います)まともに歩くことが今でも出来ません。義父は散歩が好きですが義母がそんな状態ですから、一人では散歩に出られません。一度、本人が大丈夫だからと言って、一人で散歩に出ましたが案の定、迷子になり大変な思いをしました。そこで義父にデイサービスに行ってもらうようにしましたら、義父は大変な気に入りようで、デイサービスが休日の土日も、道路に出て、迎えの車が来るのを待っているという有様でした。私達夫婦も義父に楽しみが出来て、よかったなあと一安心しました。ところが予想外のことが起こりました。義父が毎日デイサービスに行くことを義母は快く思わなくなってきたのです。義父はデイサービスから帰ってきたとき、よくこう言いました。「今日も女給さんに風呂に入れてもろうて、気持ち良かった」女給さんとはもちろん女性介護スタッフのことです。心が戦前の青年時代に飛んでいるのかもしれません。この言葉は義母に限らず女性であれば、あまりいい気はしないとは思いますが、如何せん認知症ですから、そこは理解して上げて欲しかったというのが正直な気持ちです。義母にすれば義父が定年で家に帰ってからは、いつもずっと二人一緒に暮らしてきました。それまでは1年に2週間から1ヶ月くらいしか家にいなかったそうです。だから、月曜から金曜まで毎日、デイサービスに行かれて一人になるのが嫌だったのでしょう。そう察した私達夫婦は義母にもデイに行くように勧め、見学に行きました。しかし、「わしゃぁ,あげなところは好かん」の一言でした。結局、我が家に約4ヶ月いて島に帰っていきました。義父は最後まで帰ることを嫌がっていましたが、義母に説得されて最終的には帰らざるを得ませんでした。その時、私達夫婦はというと正直ほっとしたというのが恥ずかしながら事実です。僅か4ヶ月の同居でしたが、小さな我が家では想像以上に妻も私も負担となりました。

そんな二人があれから4年経ち、もういよいよ限界も超えた、義母も心臓が悪く手術の必要もあり、神戸にやってきました。手術は無事成功しました。義母の入院期間の間、義父にはグループホームに入ってもらいました。最初は普通に過ごしてきたのですが、3ヵ月を過ぎた頃から、しきりに「家に帰る、家に帰りたい」と施設のスタッフに訴え続けるので、とうとう施設側から退去勧告を受けました。義母にも施設に入るよう説得しましたが、やはり断固拒否されました。義母は義父を連れて島へ帰る、の一点張りです。87歳の歩けない義母と、92歳の認知症の義父が二人でどうやって離島で暮らしていけるのか。あり得ないというのが真実です。それでも、来た時と同じようにタクシーで呉の豊島まで行き、どうやって船に乗ったのか離島に帰っていきました。今回、義母は義姉のところにいました。義姉も相当なストレスでやつれきっています。妻と私はとても重苦しい気分です。自分のしたことはこれでよかったのか。心の底から可とはできません。決してこれでよかったとは思っていません。でも解決策は簡単には見つかりません。今はただ、義父母の平穏を祈るのみです。“人生は苦である”釈尊の言葉をまた噛みしめています。私、未だ成長せず。

| 17年09月19日

施工事例はこちら

イベント・見学会情報

月別アーカイブ

2018年1月 ↓
2017年11月 ↓
2017年9月 ↓
2017年8月 ↓
2017年6月 ↓
2017年4月 ↓
2017年3月 ↓
2017年2月 ↓
2017年1月 ↓
2016年12月 ↓
2016年10月 ↓
2016年9月 ↓
2016年8月 ↓
2016年7月 ↓
2016年5月 ↓
2016年3月 ↓
2016年1月 ↓
2015年12月 ↓
2015年11月 ↓
2015年9月 ↓
2015年7月 ↓
2015年5月 ↓
2015年4月 ↓
2015年3月 ↓
2015年2月 ↓
2015年1月 ↓
2014年12月 ↓
2014年11月 ↓
2014年9月 ↓
2014年7月 ↓
2014年6月 ↓
2014年5月 ↓
2014年3月 ↓
2014年2月 ↓
2013年12月 ↓
2013年11月 ↓
2013年9月 ↓
2013年8月 ↓
2013年6月 ↓
2013年5月 ↓
2013年4月 ↓
2013年2月 ↓
2013年1月 ↓
2012年11月 ↓
2012年9月 ↓
2012年8月 ↓
2012年6月 ↓
2012年4月 ↓
2012年2月 ↓
2011年12月 ↓
2011年10月 ↓
2011年9月 ↓
2011年8月 ↓
2011年7月 ↓
2011年5月 ↓
2011年4月 ↓
2011年3月 ↓
2011年2月 ↓
2010年12月 ↓
2010年11月 ↓
2010年10月 ↓
2010年8月 ↓
2010年7月 ↓
2010年6月 ↓
2010年5月 ↓
2010年4月 ↓
2010年3月 ↓
2010年2月 ↓
2010年1月 ↓
2009年12月 ↓
2009年11月 ↓
2009年10月 ↓
2009年9月 ↓
2009年8月 ↓
2009年7月 ↓
2009年6月 ↓
2009年5月 ↓
2009年4月 ↓
2009年3月 ↓
2009年2月 ↓
2009年1月 ↓
2008年12月 ↓
2008年11月 ↓
2008年10月 ↓
2008年9月 ↓
2008年8月 ↓
2008年7月 ↓
2008年6月 ↓
2008年5月 ↓
2008年3月 ↓
2008年2月 ↓
2008年1月 ↓
2007年9月 ↓
2007年8月 ↓
2007年7月 ↓
2007年6月 ↓
2007年5月 ↓
2007年4月 ↓
2007年3月 ↓
2006年10月 ↓
2006年8月 ↓
2006年7月 ↓
2006年6月 ↓
2006年5月 ↓
2006年4月 ↓
2006年3月 ↓
2006年2月 ↓
2006年1月 ↓