SITE MENU

2010年02月アーカイブ

少し批判を2010年02月10日

少し批判を

 

2010.2月

 5年間勤めた妻のハローワークの仕事が3月末をもって無くなることになりました。先日、自宅に帰った私に開口一番「お父さん、私、ハローをクビになったの」となんともいえない表情で妻はつぶやきました。妻はこの仕事がとても気に入っていたので結構落胆していると思います。聞けば、民主党の"事業仕分け"で求職者向けの心理カウンセリングは全国的に廃止になったとのことでした。「こんなことだったら、選挙で民主党になんか入れるんじゃなかったわ」と人間誠に勝手なもので、先の総選挙では夫婦ともども民主党に投票して、民主党が政権党になるや我ことのように喜んでいたものでした。私自身はいわゆる"支持政党なし"に分類される人種ですが、亡き父は熱心な自民党員でしたので、だいたいの選挙はなんとなく自民党に投票していました。それが、日和見といいますか、マスコミにのせられ易いといいますか今回は民主党に入れました。そしてその結果、妻は職を失ったわけです。 私はどちらかというと、人が批判されるような言動をとっても、その人自身に気付いて欲しいと願い、言葉に出して批判したり非難したりしないタイプです。経営者としては大いに問題であり、よくないと思われますが、若いときの反動なのかもしれません。会社の行動指針16にも「人への非難、悪口は己の不運を招くと心得ます」と明記し社員がそのような言動をとる事を禁じています。(恥ずかしながら実際はなかなか浸透していません)
 しかしながら今回は不節操とは分かっていますが、あえてマスコミと政治家批判を少しだけ言います。テレビを見ていて一番不愉快なのがインタビュアーの「あなたにとって、○○○とは?一言でお願いします」という質問と、政治家がやたら「きちんと」「きっちり」「しっかりと」「きちんきちんと」などという修飾語を多用し、さも具体的確実な成果が出るか、出ているかのようにしゃべることです。インタビュアーが「あなたにとって○○とは」という質問をするのは、センセーショナルなあるいは刺激的な記事の見出しが欲しいからで、あまりに人を馬鹿にしたような質問だと思います。自分の人生、自分の最も大事なものを一言などで語れるはずがないと思うのです。今テレビはどのチャンネルもオリンピックのことばかり、少し前は鳩山総理と小沢幹事長のお金の問題のことばかり、NHKも民放もまったくの横並びにうんざりします。世の中はオリンピックと鳩山総理と小沢幹事長だけではないはずです。他にもっと多くの問題や素晴らしいことがあるはずなのに横並び的に放送し世論を誘導しています。もちろんオリンピックは最高のスポーツ祭典で、多くの感動を与えてくれますし、政治とお金の問題はクリーンであるべきものと考えますが、度を越した放送は感動を希薄にし、世論誘導ともとられかねないと思います。 この講では妻が職を失ったことで少し八つ当たり的な攻撃的な文章なってしまいました。しかし、よくよく考えてみれば如何なる結果も、それは自分が選択した行為がもたらした結果であって、誰のせいでもないということが書き進むにつれ見えて来ました。ということはうまくいかないからといって、それをなにか他のせいにすることは間違いだということです。"すべてのことに意味がある"飯田先生のこの言葉を信じ、今後、妻が一歩も二歩も前進することを祈ります。

 

 

| コメント (0)

月別アーカイブ